俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

マジックを一つ覚えてクリスマス

作者 04422  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

12月に入りました。イルミネーション・クリスマスツリー等賑やかになりました。
イブにはマジックを一つ覚えてなんて・・・です。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「マジックを一つ覚えてクリスマス」の批評

回答者 平果

句の評価:
★★★★★

「覚えたての手品を披露してやるぞ」という意気込みが、前面には出ていませんが、じんわりと感じられるところがいいですね。また同時に、「うまくできるかな」という不安もあることでしょうね。そうした意気込みと不安を抱えたまま、クリスマスが来るのを待っている...実に素敵な句だと思います。

カタカナ語が二つ配されているのもいいですね。クリスマスのちょっとハイカラな気分が巧く表現されていると思います。「手品」だと、そうはいきませんね。

マジックの何が起こるか分からないワクワク感は、クリスマスという行事が持つそれと重なって、まだ覚えただけで披露もしていないはずなのに、いや、まだ披露もしていないからかもしれませんが、日増しに楽しみな気持ちが高まっていくような、懐かしい印象を覚えました。

点数: 4

添削のお礼として、平果さんの俳句の感想を書いてください >>

新品の手品道具やクリスマス

回答者 丼上秋葵

句の評価:
★★★★★

こんばんは。
セカンドディールを覚えたい
ギャンブラー、おくらです。

拙句「ごうごうと」の句に、ご批評を賜り、ありがとうございます!

最近の私の作句は、やや写実性が幻想性に飲み込まれつつある上、土台となる知識を読み手に強いるので、やはり、やや衒学的なきらいがあると思います💦

今回の句は、強いメッセージ性を孕んでいるので、わかるひとにだけわかってもらえればいい、というやや傲慢な姿勢の句ですから、千日草様が、それでも読解したいと思ってくださるのであれば、詠み手としての私は、とても嬉しいです。ありがとうございます。

恐縮ながら、御句に感想を述べさせていただきます。

今回は、千日草様の素直さが、悪い方に出ましたね💦原句のままですと、散文寄りの報告句になってしまっていると思います。

「マジックを一つ覚えて」は詠み手の経験そのものなので、なかなか具体的な情景描写が
浮かびづらいところも、俳句としては、問題だと思います。

◆新品の手品道具やクリスマス

そこで、視覚的な景が描きやすいように「手品道具」を詠み込んでみました。また【「新品の」としたことで、来たる「クリスマス」に備え、「手品道具」をわざわざ購入してしまった詠み手の、わくわく感を演出】してみたつもりです。

千日草様の句意を、上手く汲み取れましたでしょうか💦

少しでもご参考になれば、幸いです。

点数: 1

添削のお礼として、丼上秋葵さんの俳句の感想を書いてください >>

「マジックを一つ覚えてクリスマス」の批評

回答者 平果

句の評価:
★★★★★

すみません、連続して失礼致します。

「『手品』だとそうはいきませんね」などとしたり顔で申し上げ、結果として丼上秋葵様の添削案をくさすような発言となってしまった点、大変申し訳ございません。
そのような意図は全くないことをここに明言しておきます。よく読まずにコメントをつけてしまったのが原因でした。浅学者の放言だと思って、お許しください。

点数: 1

添削のお礼として、平果さんの俳句の感想を書いてください >>

拙句への批評賜り感謝です

回答者 丼上秋葵

句の評価:
★★★★★

おはようございます。
通勤途中の、おくらです。

フロイトがいうところの〈超自我〉、ユングがいうところの〈集合的無意識〉の表象として、古来より、「富士山」は崇められてきました。

わかりやすく噛み砕くと、我々が富士を見上げるとき、富士は我々を見下ろしている。

つまり、〈監視されているのだ〉という感覚は、〈畏怖〉の感情を伴って、我々が人としての道を外さぬよう、是正する役割を果たしてきたということですね。

はい。もう、この時点で、大分、衒学的なのですが、大丈夫ですか? 付いてこれてます?

母との和解に伴って、常に私の脳の半分位の容量を圧迫していた悩みが解消し、すっきりしたので、今なら学生時代に全く理解が出来なかった本も読めるのでは? と、自宅の本棚で埃を被っていた、木村敏『関係としての自己』を引っ張り出してきました💦

結果は、やけのやんぱち、日焼けの茄子。色が黒くて、食い付きたいが、あたしゃ入れ歯で歯が立たないよ💦

と、来ちまいやんした。

僕の発言が、幼児のお遊びに聴こえるレベルで、恐ろしく衒学的です。専門用語ばかりで、全く頭に入ってこない…orz

遅ればせながら、拙句「白富士」の句に、ご批評を賜り、誠にありがとうございます。

この間の「秋灯下」の件といい、偶然が重なりますね💦
千日草様と前世かなんかで因縁でもあったのでは、と疑いたくなるくらいです。

そういえば、私が母からもらった真名、言い換えれば、本名は〈千日草様のことを理解する〉といった意味にも取れる漢字が使われています。

ほいほい本名を明かすのは、呪術的にも、ネットリテラシー的にも、怖いので、ここまでにしておきますが、本当に、不思議な縁ですね。私個人は、とても大切にしたいと考えています。

今後とも、ご指導・ご鞭撻の程、よろしくお願いいたします!

【平果様へ】

全く気にしておりません💦

むしろ、私の方こそ、拙句「マイク」の句で、話の引き合いに出してしまい、大変申し訳ございませんでした💦

今後とも、ご指導・ご鞭撻の程、よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、丼上秋葵さんの俳句の感想を書いてください >>

「マジックを一つ覚えてクリスマス」の批評

回答者 丼上秋葵

句の評価:
★★★★★

こんばんは。
マイクを持って熱唱している顔が、あまりにも不細工すぎて、よく写真や動画に撮られてしまう、おくらです。

そうゆうことなら、なんとなく伝わってるんじゃないですか。笑

拙句「マイク」の句に、ご批評を賜り、誠にありがとうございます。

文法的に解説させていただきますね。

◆マイクさへ身を震ふ冬の熱唱

この句を読み解くにあたり、重要な単語は、古典文法に頻出する〈添加〉の副助詞「さへ」です。

現代語訳すると「⚫⚫だけでなく、◯◯までも」といった意味になります。

拙句では「⚫⚫だけでなく、マイクまでも身を震わす」という訳になり、「⚫⚫」には、〈詠み手であり、「熱唱」している「私」〉や〈「熱唱」を聴かされている「観客」〉が入ることを想定しています。

「マイクまでも身を震わす冬」と来たら、千日草様が想像されたように、〈寒いのかな…?〉と思いますよね?

そこに来て、座五「の熱唱」で、オチるわけです。寒いんじゃなかったのね、と。

声は振動なので、大音量で「熱唱」すれば、「マイク」どころか、壁や窓が震え出すこともあります。また、私の「熱唱」が観客の皆様の心を震わすこともあるでしょう。※ありません。

思い出したくない過去ですが、私がアジカンの「アンダースタンド」か「未来の破片」を大音量で絶唱した際、あまりに五月蝿すぎて、繊細な吾妹子が失神。救急車を呼ぶ羽目になった、という糞エピソードがあります…orz 

それ以来、あまり一緒にカラオケに行ってくれなくなり、行ってくれても私は静かなバラードしか歌っちゃ駄目、という縛りを課せられることになりました。悲しきかな。

千日草様は、カラオケはお好きですか?
句会などで奇跡的な出会いを果たしたら、是非、日頃の鬱憤をはらしに、ご一緒したいものです。ただ、その際は、耳栓をお忘れなく。

明日も早いので、もう寝ます。
千日草様もご自愛くださいませ。

点数: 1

添削のお礼として、丼上秋葵さんの俳句の感想を書いてください >>

一つ前のコメントの追伸です

回答者 丼上秋葵

句の評価:
★★★★★

千日草様の「熱唱や」の句に対する御礼を伝え損ねていました💦

私の句意を丁寧に汲み取ってくださった上での、わかりやすさ重視の添削句だと思います!

私の句意説明を補う形の、佳句として、ありがたく頂戴いたします。

点数: 1

添削のお礼として、丼上秋葵さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

幾十里千羽の想い星祭り

作者名 気賀澤 聡 回答数 : 2

投稿日時:

要望:厳しくしてください

餌箱にいつもの雀お元日

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

拉麺の脂つついて秋の宵

作者名 晴峯旬草 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『マジックを一つ覚えてクリスマス』 作者: 04422
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ