俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

大空をすいと過ぎゆくつばくらめ

作者 いなだはまち  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

本日の朝散歩。
つばめが地上5mをサブリミナルのように過ぎてゆきました。明日は雨?
はじめ、
◆大空をサブリミナルやつばくらめ
としたのですが、う~ん!😞
中七をもっとかっこよくしてください。🙇

最新の添削

つばくらめ雲の切れ間の光りけり

回答者 南風の記憶

いなだはまち様、ご無沙汰しております。

御句ですが、いなだ様の句意コメントにある”サブリミナルに感じた”との部分が面白く感じましたので、これをどうにか表現できればと思いました。

例えばですが、つばくらめが「雲に紛れて見えなくなった」とかはどうでしょう? つばくらめを追いかけて空を見上げると、もういなくなっていて、そこには雲の切れ間が(太陽で)光っている。ああ、つばくらめはそこに逃げ込んだに違いない、と。

この頃、仕事だけでなく小説などに手を出してしまい、なかなかこのサイトに来られませんでした。俳句はどうにか続けていきますので、またよろしくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、南風の記憶さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「大空をすいと過ぎゆくつばくらめ」の批評

回答者 久田しげき

句の評価:
★★★★★

素直な詠みです。燕きて町の青空ひろげたり。
明易しは短夜の傍題ですから.ご認識の通りです。
明け方の港から出航の音が。

点数: 1

添削のお礼として、久田しげきさんの俳句の感想を書いてください >>

「大空をすいと過ぎゆくつばくらめ」の批評

回答者 そうり

句の評価:
★★★★★

いなだはまち様
こんばんわ。中七かっこよくですか、、、。佐々木小次郎をイメージ、、。
「大空を切り返し斬るつばくらめ」ベタですかね?ご希望に添えずスイマセン。

点数: 1

添削のお礼として、そうりさんの俳句の感想を書いてください >>

雨模様低く飛び交うつばくらめ

回答者 翔子

句の評価:
★★★★★

いなだはまち様
皆んな違って皆んないいと、勝手な解釈で生きている次第です、褒めて頂いて嬉しいですが、これからが…。たぶん期待に答えられる人間ではないので…。はじめはいいけれど、あとが続かない💦今までずーっとそうだったので💦😨でも、これから頑張るしか私が進む道はない気がします。一番困ったのは仕事、どこも長続きせず、信用もされなくなり、今の仕事は、ようやく3年目になる、必死でしがみついて…。

点数: 1

添削のお礼として、翔子さんの俳句の感想を書いてください >>

大空の雲を劈くつばくらめ

回答者

句の評価:
★★★★★

添削ありがとうございました 中八の違和感の消し方などとても勉強になりましたありがとうございます! 

元の俳句も素晴らしいと思いました。その上で中七をカッコよくとのことでしたが、つばくらめのスピード、疾走感を表現してみました。参考になれば幸いです

点数: 1

添削のお礼として、眠さんの俳句の感想を書いてください >>

「大空をすいと過ぎゆくつばくらめ」の批評

回答者 久田しげき

句の評価:
★★★★★
★★

素直な詠みです。燕きて町の青空ひろげたり。
明易しは短夜の傍題ですから.ご認識の通りです。
明け方の港から出航の音が。

点数: 0

添削のお礼として、久田しげきさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

父への未遂ドラマはなし春の夢

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

いろいろな手相を炙る焚火かな

作者名 らりこ 回答数 : 5

投稿日時:

要望:厳しくしてください

足元に寄り来る鯉や冬日和

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『大空をすいと過ぎゆくつばくらめ』 作者: いなだはまち
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ