俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

満月を初夏のスマホに詰めこみぬ

作者 いなだはまち  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

でっかい満月ですね。
月は秋の季語!とか云はれさう。😅

最新の添削

「満月を初夏のスマホに詰めこみぬ」の批評

回答者 そうり

いなだはまち様
こんにちわ。昨日午後より(実は朝から)体調を崩し、休んでおりました。俳句でも捻れば気力も沸くかと、起き上がりました。というわけで、返信遅れまして申し訳ございません。昨日の月、、、見て詠みたかったな~。手始めに遊ばせてください。
「初夏やスマホに詰める満ちる月」勝手に使わせていただき申し訳ございません。
「松落ち葉」の句ですが、まだ、思案中です。句意は「人間と違い、松葉は新芽が出ると、枯れてもいないのに、まだ葉も青々しているのに落ちていく、、」その哀れををを詠んだものです。三句ほど作ったのですが、①青やかに落ちる松葉の儚さや
②松の葉や青やかなまま散りゆきぬ③青やかに風の誘ひに松葉落つ
①は「下五」がどうか。②は「まま」が気になり③は無難に置いたかな、、、というところです。失礼ながら、質問させていただきたいのですが、、、?①が私の句意には沿っているのですが、良し悪しは別として「私情」ですので俳句として成立するのでしょうか?お時間があられましたらご教示願います。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、そうりさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「満月を初夏のスマホに詰めこみぬ」の批評

回答者 根津C太

句の評価:
★★★★★

いつも添削ありがとうございます。

たしかに、あれは質素すぎたかもしれません。
今回は誰もやらないであろう組み合わせを目指した結果、
ちょっとしくじったかもしれません笑。
懲りずに、またやると思います。

点数: 2

添削のお礼として、根津C太さんの俳句の感想を書いてください >>

「満月を初夏のスマホに詰めこみぬ」の批評

回答者 根津C太

句の評価:
★★★★★

今日の満月、という解釈でいいのでしょうか?(たしかに2020年5月7日は満月です)

だとしたら、

初夏の満月をスマホに詰め込みぬ

と語順を入れ替えれば文句を言われないかもしれませんね。
夏の月って言えば夏の季語ですから。

点数: 1

添削のお礼として、根津C太さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

麦の風犬の飛びつくフリスビー

作者名 げばげば 回答数 : 6

投稿日時:

彦星やJAXAはゆるり便り待ち

作者名 こま爺 回答数 : 2

投稿日時:

踠きたる墓前湯飲みの春の蚊よ

作者名 葉月庵郁斗 回答数 : 5

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『満月を初夏のスマホに詰めこみぬ』 作者: いなだはまち
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ