俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

初夏の風走る5月の緑馬

作者 翔子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

新緑が強い風に吹かれるその時にまるで緑の馬が走っているのが見える気がして

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「初夏の風走る5月の緑馬」の批評

回答者 根津C太

句の評価:
★★★★★

はじめまして。
風が緑の馬のように見えたというのは面白いと思いました。
しかしながら、5月も初夏も季語なので季重なりになっています。
初夏は5月~6月頭のことなので5月はいらないのかなと思ってしまいました。
青葉に吹く強風を言う青嵐(あおあらし)という季語もあるみたいなので、この季語を使うという手もあるかもしれません。
私なりに考えてみました。
森を駆け抜く馬のごと青嵐
お粗末様でした。

指摘事項: 季重なり

点数: 1

添削のお礼として、根津C太さんの俳句の感想を書いてください >>

「初夏の風走る5月の緑馬」の批評

回答者 橘真美

句の評価:
★★★★★

コメントありがとうございました!
堀籠美雪さんの俳句を拝読しました。
着眼点が良いなと思いました!

季語を重ねずに、
さわさわとゆれる青葉に馬の影
なども良いかなと思いました。

次回作も楽しみです。応援しています!

点数: 1

添削のお礼として、橘真美さんの俳句の感想を書いてください >>

初夏を緑に走る仔馬かな

回答者 いなだはまち

句の評価:
★★★★★
★★

堀籠さま

もう初夏の句ですね!
閉塞感を吹き飛ばしてくれるような句ですね。
初夏、風、走る、馬、どれもキーワードな感じです。😄

やや残念なのが、5です。五ですね。
それと、季重なり。
初夏と五月は、イメージも被りますので、
避けるべきですね。

参考句、緑に走る、でオリジナル感を出してみました。

俳句は、リズムがある方が、基本読んで気持ちがいいです。
御句、ごつごつしていませんか?
尚、初夏は、はつなつと読みます。😄

点数: 1

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

「初夏の風走る5月の緑馬」の批評

回答者 そうり

句の評価:
★★★★★

堀籠美雪さま
こんにちわ。コメントに「緑の馬が走っているような、、、、」とありましたが、発想が「俳人」ですね!スバラシイ。私は頭、感性ともコチコチなのでうらやましいです。提案句を作ってみました。「緑色馬めく風は初夏走る」、、、句意に沿ってなければスイマセン。ご参考になれば、、、、。

点数: 1

添削のお礼として、そうりさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

東京の背後に聳ゆ雲の峰

作者名 卓鐘 回答数 : 6

投稿日時:

落葉舟川に流れて時移る

作者名 らな 回答数 : 4

投稿日時:

土産屋へ鹿の入り来る秋の朝

作者名 久田しげき 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『初夏の風走る5月の緑馬』 作者: 翔子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ