俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

山裾に眩し海風落ちる角

作者 そうり  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

青森赴任時の風景。八甲田の裾野を横断する道路(陸奥有料)まで、鹿が出てきます。津軽湾からの暖風が鹿の角を落としていく、、、というイメージです。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「山裾に眩し海風落ちる角」の批評

回答者 いなだはまち

句の評価:
★★★★★

そうり様
おはようございます。

昨日は、失礼いたしました。
心がざわつき始めましたので、一晩大人しくしておりました。😄

山裾に海風眩し、で景が立ちそうですが、一読下五が??です。

鹿の落とし角なんですね!!
素敵な季語を教えていただきありがとうございます。✌️

点数: 1

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

「山裾に眩し海風落ちる角」の批評

回答者 かこ

句の評価:
★★★★★

そうり様
ウェブ応募の句へコメントありがとうございました。
ウェブ応募なのに結局履歴書も出さされて、日本はなかなか紙から離れられないのかなあという感じでした。
落ちる角という季語を知りませんでしたので、コメント控えます。

点数: 1

添削のお礼として、かこさんの俳句の感想を書いてください >>

「山裾に眩し海風落ちる角」の批評

回答者 豆柴

句の評価:
★★★★★

いつも添削ありがとうございます
御指摘、御提案たいへん勉強になります

自然の景色が浮かびます
すごく好きな句です
僭越ながら提案句などしてみました
みちのくの海風揺らし落ちる角
地名を入れたのと風が角に触れた感じにしたつもりです
参考になればと思います

点数: 1

添削のお礼として、豆柴さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

ミモザの香ブーケに友の誕生日

作者名 くまた 回答数 : 4

投稿日時:

炎帝や父の遺影と見た聖火

作者名 鳥田政宗 回答数 : 2

投稿日時:

墓場への土産話や河豚三昧

作者名 ももぱぱ 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『山裾に眩し海風落ちる角』 作者: そうり
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ