俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

春眠やはまさきの香の厨かな

作者 武照  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

みかんのはまさきの柑橘系らしい芳しい香りを嗅いで、一句。「春炬燵」を上の句にするかで迷った。

最新の添削

春炬燵はまさきの香の厨より

回答者 かこ

やとかなを同時に使うのは失敗確率90%なので誰もあまりやりません。
主題がぼけるからと思われます。
炬燵に入っていると厨から良い香りがしてきたということなのでよりを使えば良いかと思います。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、かこさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

輪になりて運動会で踊りけり

作者名 鈴屋いるか 回答数 : 2

投稿日時:

のぼり旗あちこち置く梨の村

作者名 竜子 回答数 : 8

投稿日時:

乳舐めさなか冬の日記公開

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『春眠やはまさきの香の厨かな』 作者: 武照
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ