俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

人混みにカカシ紛れる春疾風

作者 かこ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

カカシはナルトのカカシ先生です。
黒マスク一重のイケメンが頭を上下させず歩いていく様を見て、あっカカシと思ってしまいました。どこにも投稿出来ないし、よろしく🙇‍♀️

最新の添削

「人混みにカカシ紛れる春疾風」の批評

回答者 そうり

かこ様
早速、ご教示頂きありがとうございます。良く理解できました。「カカシ」の句、、、
(人混み)・・・人混みかー。(カカシ紛れる)・・・????? (春疾風)・・人混みとカカシと季語の関係は、なぜ子の季語をお使いになったのか?  「カカシ紛れる」・・・分らない、、。そうか!「かこ様」がよく詠まれるユニークな「比喩」に違いない!相撲の「緋毛氈」のパターンか。何とか詠んでやるぞ!!!結局、降参、「コメント欄」を読み「ナルトのカカシ先生」???これも分らん、、、。結局、「ナルト、カカシ先生」を調べ、「カカシ」先生は画像検索もしてみました。黒マスクのイケメンなんですね!身長181cm、67.5kg、おとめ座。ここまで来て、やっと、面白さが分りました。大柄のイケメンが春疾風のように雑踏に消えてゆく、、、、。「かこ様」らしいユニークな発想の句、十分楽しませていただきました。私も、参考に詠んでみました。 紛れゆく「ナルトのカカシ」春疾風。、、、ダメデスね。失礼しました。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、そうりさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

その他の添削依頼

冬三日月雲と並びて白き朝

作者名 こま爺 回答数 : 1

投稿日時:

穴出でし蛇赤チンのにじむ膝

作者名 げばげば 回答数 : 9

投稿日時:

還暦のおさななじみや紅椿

作者名 めでかや 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『人混みにカカシ紛れる春疾風』 作者: かこ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ