俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

雪兎野菜たつぷり入るシチュー

作者 東次郎  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

雪兎を初めて詠んでみました

最新の添削

「雪兎野菜たつぷり入るシチュー」の批評

回答者 北野きのこ

藤次郎さん初めまして。
よろしくお願いします。

雪兎の冷たさと食卓の暖かさの対比がとても鮮やかですね。
2つのパートで温度感に差がある一方で、郷愁を誘う点が共通している構造になっているのですね。

雪遊びから頬を赤くして帰った子供がシチューの食卓に着いている様子を想像しました。

シチューの形容としての「たっぷり」が私はとても好きです。
洋食の雰囲気にかなの擬態語がマッチするのかな…?
「具沢山」より「たつぷり」や「ごろごろ」が良いような。
何なら「たっぷり」表記でも効果的かもしれません。
完全に私の感覚論で恐縮ですが。

なので私は「たつぷり」を残して考えてみました。
雪遊びする人物とシチューを提供する人物が別人だと仮定して、後者の目線を意識しています。
いかがでしょう?

雪兎シチューには野菜をたつぷり
雪兎野菜たつぷり母のシチュー

「ジビエ誤読説」に関しては私も少し同意です。
「ユキウサギ」とカナ表記すると生物名としての意味が強まると思いますが、漢字表記でそれが払拭できるかどうか…

思い切って「雪達磨」にしてみるか!?
両者の違いを考えてみたいですね。

点数: 0

添削のお礼として、北野きのこさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「雪兎野菜たつぷり入るシチュー」の批評

回答者 かぬまっこ

今晩は✨(*^^*)🎶雪兎とシチューの取り合わせですね。シチューのコマーシャルが浮かびました✨

🔷雪兎野菜多目のシチューかな

🔷雪兎野菜の多きシチューかな

リズムを整えてみました。(=^ェ^=)💓

点数: 1

添削のお礼として、かぬまっこさんの俳句の感想を書いてください >>

雪兎たつぷり野菜のシチューかな

回答者 腹井壮

藤次郎さん、こんにちわ。はじめまして。
入るは削れるのでかぬまっこさんの添削と同様に切れ字を使用しました。ただケチを付けるわけではありませんがヨーロッパのジビエ料理と思われる可能性もあります。

点数: 0

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

初桜夫にライン待ち合わせ

作者名 智泉 由紀子 回答数 : 1

投稿日時:

暮るる陽の寒さ確かめたまご酒

作者名 白川三春 回答数 : 5

投稿日時:

曝書して一筆箋に魚目の字

作者名 久田しげき 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『雪兎野菜たつぷり入るシチュー』 作者: 東次郎
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ