俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

ひじきとる夫を見守れ春の月

作者 ひじき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

夫も「つま」と読めるはずなので、そんな感じで。
春の大潮の夜、身重の自分を見守ってくれているような月に、自分がいっしょに行けないからひとりで磯にひじきをとりに行っている夫がケガなどしないように見守って、と願ったことを思い出して書きました。
でもよく考えたら、普通は春の夜の磯にひじきをとりに行くって知らない人がほとんどだろうから、ピンとこないですね。
あと、最初は「夫も見守れ」としてたんですけど、その書き方だと月が夫を見守るんじゃなくて、夫の方が月を見守るとも読めるかと思って「夫を」にしました。

最新の添削

「ひじきとる夫を見守れ春の月」の批評

回答者 そうり

磯野ひじき様
はじめまして、こんにちわ。月夜の磯辺、、、映像が美しく浮かびました。とてもきれいな「句」ですね。季重なりも気になりませんでした。月が「夫」をやさしく見守り、それが磯辺に映っている、、、というイメージで提案句を作ってみました。
「ひじきとる夫を映して磯の月」、、、失礼しました。少しでもご参考になれば幸いです。

句の評価:
★★★★★

点数: 2

添削のお礼として、そうりさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「ひじきとる夫を見守れ春の月」の批評

回答者 かこ

句の評価:
★★★★★

気持ちこもってますね。伝わります。
たぶん、季重なりになると思いますが、このままにした方がいいんじゃないかなと思います。

点数: 1

添削のお礼として、かこさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

蟻地獄枯山水は縁の下

作者名 鳥越暁 回答数 : 2

投稿日時:

三番線を春画ひらひら目借時

作者名 みそまめ 回答数 : 6

投稿日時:

落ち葉落ち掃いては落ちてまた掃いて

作者名 翔子 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『ひじきとる夫を見守れ春の月』 作者: ひじき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ