俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

雪解川山の息吹を映しゆく

作者 そうり  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

昔、青森に赴任していた時の風景。八甲田の麓から陸奥湾へ流れる雪解川はとても美しかったです。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「雪解川山の息吹を映しゆく」の批評

回答者 まーやん

句の評価:
★★★★★

そうり様
今晩は。壮大な景色の句ですね。
映しゆくが今まさにその時といった感じで、こう…ディズニー映画とかの魔法が解けていくような(貧相な伝え方で申し訳ありません💦)雪解けの川が麓に広がっていく印象を持ちました。
八甲田山の真っ白に"映す"みたいな読み方も出来て素敵な句だと思いました。
雪解川でなんとなく山の風景だなぁと思ったので、山の息吹きに染まった川が広がっていくという表現を使って「染みた息吹きを映しゆく」としてみました。色の染みもうつるし、白いスクリーンにもうつるし、季節もうつるしと考えました。俳句の視点から間違った事を言っていたらごめんなさい。

また私の菜の花の句への添削ありがとうございます。私の出したかった感じを大事に表現して下さってて感激しました。学ぶ事がたくさんありますね。"かな"とかも使ってみたいし。。あーあって雨を見て気が落ちて地面をみたら菜の花もって感じがスッと入ってきました。もずくの句のお礼はまた改めてさせて下さい。

点数: 2

添削のお礼として、まーやんさんの俳句の感想を書いてください >>

「雪解川山の息吹を映しゆく」の批評

回答者 かこ

句の評価:
★★★★★

そうり様
添削道場に来たみんな通る道だと思うのですが、
船頭多くして船山に登る?
5人いれば5通りのアドバイスがあり、全部入れると元句が崩壊します。
納得出来るアドバイスを一つだけ取り入れる事をお勧めします。
どんなに荒削りでも元句が一番大事だと思うので。
お節介でごめんなさい🙇‍♀️

点数: 2

添削のお礼として、かこさんの俳句の感想を書いてください >>

「雪解川山の息吹を映しゆく」の批評

回答者 かぬまっこ

句の評価:
★★★★★

今日は👋😃
青森には何年か前にねぷた祭りを見に行きました。✨
綺麗な景色の句だと思います。
「映しゆく」に川の流れを感じました。(*^^*)💡

点数: 1

添削のお礼として、かぬまっこさんの俳句の感想を書いてください >>

流れくる命のいぶき雪解川

回答者 南風の記憶

句の評価:
★★★★★

そうり様、こんにちは。

御句について。他の方も言われているように、私も「息吹を映しゆく」という描写、そうり様の工夫・オリジナリティが感じられて良いと思います。

ただ、そうり様は意欲の高い方と見受けます。その姿勢に敬意を表して、一歩進んだ提案をさせて下さい。

取り合わせの基本として、同じジャンルのものを選んでしまうと、お互いを食い合ってしまい、損です。御句の場合、「山」と「川」は同じ自然のジャンルですから、私なら「山」を持ってきません。

そこで、あえて抽象的な言葉を選びます。山の息吹とは、生き物や植物の芽吹く気配、つまり「命の息吹」ということではないでしょうか。

それと、川は一般に山から「流れてくる」ものです。「流れくる」と書けば、山と言わなくとも、山を読手に想像させることができます。

音数の関係上「映しゆく」を削ることになりますが、一つの例として参考にしていただけると幸いです。

(例)流れくる命のいぶき雪解川

点数: 1

添削のお礼として、南風の記憶さんの俳句の感想を書いてください >>

「雪解川山の息吹を映しゆく」の批評

回答者 南風の記憶

句の評価:
★★★★★

そうり様、早速のコメントありがとうございます。そして、素晴らしい質問です!
まさに「流れくる」の是非が、大事なポイントなのです。

句の構成は、「流れくる命のいぶき」でワンフレーズです。したがって、流れるのは川ではありません。「命のいぶき」が流れてくるのです。

普通、「命の息吹」は流れてきません。そこである種の謎かけをしておいて、最後にそこが「雪解川」だとタネ明かしする。そういう仕掛けになっています。

どこからか、「命の息吹」のようなものが流れてくる。それが川へと流れ込み、雪解の水と一緒に流れていく。この「命の息吹」は、これからどこへ行くのだろう。そういう映像になります。

川は単に水が流れるだけでなく、何かが「流れ込んでくる」場所でもあります(だから「流れゆく」でなく、流れ「くる」としています)。ですから、この場合は「流れくる」が必要なのです。

それにしても、こうしてポイントを突っ込んでくるあたり、成長を感じます。また気になることがありたしたら、遠慮なく質問なさって下さい。

点数: 1

添削のお礼として、南風の記憶さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

買い足して素麺冷やす我があり

作者名 岸本義仁 回答数 : 0

投稿日時:

ハモニカの少女に嬉し花野かな

作者名 ちゃあき 回答数 : 4

投稿日時:

駆け抜ける風と僕らのソーダ水

作者名 友也 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『雪解川山の息吹を映しゆく』 作者: そうり
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ