俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

この空の下の何処かに星の橋

作者 かぬまっこ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

君はどうしているのかと…🌠

最新の添削

「この空の下の何処かに星の橋」の批評

回答者 04422

かぬまっこさんこんにちは!ありがとうございました。少しですが、お米を作っています。投句ちょっと控えておこうかなと思いましたが、今日は新米。浮かんだので投句してみました。星を詠めるなんて羨ましいです。

点数: 0

添削のお礼として、04422さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「この空の下の何処かに星の橋」の批評

回答者 腹井壮

かぬまっこさん、おはようございます。かぬまっこさんらしいきれいにまとまった句ですね。ですが、「星の橋」がまるで地球上にあるかのような状態にもとれ「星の橋」が生きていません。要再考だと思います。

点数: 1

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

「この空の下の何処かに星の橋」の批評

回答者 北野きのこ

かぬまっこさんこんにちは。
私の投稿にコメントを頂き、ありがとうございました。
今回の災害で自然のもたらす恩恵と猛威の両方を痛感させられています。
稗の句も自分で作った句なのに、作った当時とは違った意味に感じられています。

季語「星の橋」ですが、
そもそも私はこの季語を今回初めて知ったのですが、字面からてっきり天文の季語なのだと考えていました。
手元の歳時記で調べると、「行事」に分類されていました。
季語にまつわるエピソードは明確ですが、どう映像化するか…難しいですね。
どうしても「織姫と彦星」のエピソードから類想が多くなりそうな気もします。

作者の経験した具体的なエピソードを盛り込んでみるのはどうでしょうか?
私の具体的なエピソードは…とてもお披露目できませんが(笑)

末尾ですが俳句ポストの入選、おめでとうございます!
今後もどうぞよろしくお願い致します。

点数: 1

添削のお礼として、北野きのこさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

元朝の白一面に獣跡

作者名 よした 山月 回答数 : 4

投稿日時:

新春の笑カッコイイと春恋かな

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

春の夜や隠れて尼の長電話

作者名 ちゃあき 回答数 : 9

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『この空の下の何処かに星の橋』 作者: かぬまっこ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ