俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

丸の内ヒールコツコツ花時の妹

作者 白石萌  投稿日

要望:厳しくしてください

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

春、結婚を機に田舎から東京に嫁いだ妹。
背伸びして丸ノ内の街で働き成長していく様子を応援する歌。

最新の添削

妹の春ヒールコツコツ丸の内

回答者 かこ

「妹の春」と最初に出して、進学か就職をイメージさせて「ヒールコツコツ」で「あっ就職だ」となって、「丸の内」で街並みと妹さんが人一倍背頑張ってるんだなぁと分かると思います。
頭は字余りですがいいと思います。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、かこさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

丸の内は花時妹は凛と

回答者 南風の記憶

句の評価:
★★★★★

白石萌様、はじめまして。妹を思うお姉さんの優しさが伝わってきて、微笑ましい気持ちになる一句だと思いました。

気になるのが、上五・中七の「丸の内」「ヒールコツコツ」という表現です。これだと、ややお高く留まっているような印象があり、読み手に誤解を与えかねないように感じました。

あえて「ヒール」と書かなくても、”背伸びしてけなげに頑張っている妹”のことを描写するだけで、白石様の優しさは伝わると思います。

上五は字余りになりますが「丸の内は」と置きます。句跨りの型を使い、「は」の音でリズムを作ります。

(例)丸の内は花時妹は凛と

花時の丸の内を、妹は凛として生きています。この方が、白石様のおっしゃる「妹を応援する気持ち」が伝わると思います。いかがでしょうか。

点数: 1

添削のお礼として、南風の記憶さんの俳句の感想を書いてください >>

闊歩する妹丸の内の春

回答者 いなだはまち

句の評価:
★★★★★

白石萌さま
よろしくお願いいたします。

優しいお姉さまですね!
御句、コツコツは、やはりそぐわない感じがします。

闊歩という言葉を見つけてきました。
妹さんの姿、違う映像化を試みました。
結果として、作者(姉)の思いが伝わるかと存じます。
なお、句またがりに、させたいただきました。

参考になれば幸いです。🙇

点数: 1

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

広げたる布団彼の日の晴れ着かな

作者名 中村あつこ 回答数 : 2

投稿日時:

凍て蝿よそれはルッコラただの草

作者名 秋沙美 洋 回答数 : 2

投稿日時:

校門をともかく一歩入学し

作者名 こま爺 回答数 : 7

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『丸の内ヒールコツコツ花時の妹』 作者: 白石萌
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ