俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

孫を曳き老スキーヤーなお疾し

作者 北野きのこ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

まだスキーに不慣れな子供を連れたおじいさんを見かけました。
エスコートする様に滑って、スキーの楽しさを体験させてあげている様子がとてもスマートでした。

私は数年ぶりのスキーに自分の世話で手一杯…

添削、批評、感想などよろしくお願い致します。

最新の添削

「孫を曳き老スキーヤーなお疾し」の批評

回答者 あつこ

きのこさん、こんばんは。
「雪催」に添削ありがとうございます。
この白い犬はサモエドでよく散歩中を見かけます。

三人の方からの添削句を拝見しました。
ハオニーさんのコメントは頷きつつなるほど、と
読ませていただきました。漢字を使い分けるなど
俳句の深みを思います。

点数: 2

添削のお礼として、あつこさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「孫を曳き老スキーヤーなお疾し」の批評

回答者 かぬまっこ

今晩は✨(*^^*)🎶もう、しばらくスキーはしていませんね。(=^ェ^=)💓
景色が浮かびます。でも、孫といえばスキーヤーの年齢は老と言わなくても想像できるかな✨なので

🔷孫を曳きエスコートするスキーヤー

点数: 1

添削のお礼として、かぬまっこさんの俳句の感想を書いてください >>

「孫を曳き老スキーヤーなお疾し」の批評

回答者 ハオニー

はじめまして、ですね
両親はスキーが上手いのに、スキーがものすごく下手な息子であるハオニーです
人様の俳句の評価は転倒することのないよう、少しずつ調整していきます

孫の登場する句は、周りも同じ考えに行き着きやすいため、純粋に俳句の腕を競えそうなテーマですね

「曳き」という動詞、これで合っているのか気になります

「曳く」には
全体を自分の方に寄せる
着いてこさせる
という意味合いがあります

つまり、お孫さんが渋々おじいさんにスキーをしながらついていく様子
という、負の感情が見える解釈が出来ます

自分の世界に入ると、周りが見えなくなるスキーヤーもいますから、この描写は間違いではありません
しかし、私は違う気がします

「楽しさを体験させているおじいさん」を詠んだのか、それを見て「そのおじいさんに比べて私が同じ状況だったなら...」と詠んだのか、どちらなのか分からないため、私はここをピックアップしました

このくらい軽く詠んでもいいかもしれません
孫早し老スキーヤーなほ疾し

「老」をわざわざ書いたと考えられるので、そのまま残しています
「早し」「速し」「疾し」と、孫と老スキーヤーとであえて違う漢字を使ったり、同じ漢字にしたりすることで、スピード感が変わってきます
この場合は、「あの孫も早いけど、あのおじいさんはやっぱり疾いね」というニュアンスです

知識は使えそうなところだけ取っておけばいいのです
私の言うことを全部受け入れると、おそらくパンクしますから(

点数: 1

添削のお礼として、ハオニーさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

一本の竹ばうき浮く春の夜

作者名 ケント 回答数 : 7

投稿日時:

庭石に水のたまりて梅雨晴間

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

冬の月塀をつたひて猫戻る

作者名 久田しげき 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『孫を曳き老スキーヤーなお疾し』 作者: 北野きのこ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ