俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

凩を駆け抜ける吾子ゾロリの本

作者 南風の記憶  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

初心者の頃に詠んだ、俳句生活の兼題「凩」の没句を直してみました。
凩をものともせず、駆け抜ける我が子。小学生に大人気の「怪傑ゾロリ」の本を抱えながら。まるでゾロリと冒険へ出かけるような、きらきらした目で。

ちなみに原句が「凩をゾロリと駆ける通学路」です。まず「通学路」がいらないのと、ゾロリが何なのか分かりにくいですね。

最新の添削

「凩を駆け抜ける吾子ゾロリの本」の批評

回答者 ひろせならありす

勢いのある句ですね。
ゾロリは我が子もハマりました。本棚に何冊も並んだ懐かしいシリーズです

勢いがより生きるように 字余りをなんとか改善できたらいいかな と思いました。
ゾロリ抱き木枯しついて駆ける吾子

としてしまうと かいけつゾロリを知らない方にはつうじませんね笑

わたしの薄氷の句への添削をありがとうございます。
赤い文字の句碑があるのですね
どんな句が刻まれているか見てみたいです。

句碑は仰ぐだけでなく、眺めることも触れる写すこともあるので
『仰ぐ』で高さを出したつもりでしたが。

指摘事項: 字余り

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、ひろせならありすさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

木枯しやかいけつゾロリと駆ける吾子

回答者 宮武桜子

句の評価:
★★★★★

ここはフルネームで。アニメもありますが図書室にもズラリと並ぶ子供向けの本だから、子供が持って走ってると思って貰える気がしますがどうでしょう?
かいけつを入れることによりお子さんとゾロリが事件を解決するために走っているイメージが出るような気が。中七は字余りで。

点数: 2

添削のお礼として、宮武桜子さんの俳句の感想を書いてください >>

木枯を駆け抜ける子やゾロリの本

回答者 いなだはまち

句の評価:
★★★★★

南風の記憶さま
お世話になります。

お題「凩」懐かしいです。
もう一年以上経ったのですね。
確か、まぐれで人複数選いただいたかと。
明治生まれだの、駱駝だのでしたね。
ホント、勢いだけでした~!😅

添削句は、季語の文字面を子ども向けに、子で伝わるかと思いますので、切れを入れてみました。ゾロリの本は、句のイメージにピッタリだと思います。😄

参考になりますやら。🙇

点数: 1

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

「凩を駆け抜ける吾子ゾロリの本」の批評

回答者 そうり

句の評価:
★★★★★

南海の記憶さま
句評、添削、アドバイス有難うございます。初めて「句またがり」を作りました。コメントを拝読し、大変うれしく想うと同時に、励みになりました。あえて「日輪」にしましたのは、ご指摘の通り、句の中に「日」が五つ出てくるので、見た目にも良いかもと、、、。ただ、正直申し上げて、本当に作りたかったのは、「添削句」の鼓動めく、、、のような気がします。どうしても表現が「ストレート」になってしまい、「南海の記憶様」のように、リズミカルな詩的表現がまだまだと痛感します。
*「ゾロリ」の句、すがすがしい句ですね。「ゾロリ」の本をかかえて、真っ赤なほっぺた、半ズボンの少年がかけ行く姿を想像しました。調べましたら、「ゾロリ」は1980年代に登場し、最近では「少年の万引き防止ポスター」にもなっているのですね。又この4月から、三度、「NHK」で放映されるそうです。

点数: 1

添削のお礼として、そうりさんの俳句の感想を書いてください >>

「凩を駆け抜ける吾子ゾロリの本」の批評

回答者 いなだはまち

句の評価:
★★★★★

南風の記憶さま
お世話になります。

私事ですが、YouTubeで「俳人1号」さんの動画を毎日拝見しております。
コメントを書きこみましたら、このサイトを覗いてくださり、拙句へ過分なお言葉を頂戴いたしました。(涙)
何とも励みになります。💪
何年も前から、毎日のように配信されているご様子。
それだけでも頭が下がります。
既に、ご存知でしたらすみません。😅
お目汚し失礼いたしました。🙇

点数: 1

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

「凩を駆け抜ける吾子ゾロリの本」の批評

回答者 ひろせならありす

句の評価:
★★★★★

勢いのある句ですね。
ゾロリは我が子もハマりました。本棚に何冊も並んだ懐かしいシリーズです

勢いがより生きるように 字余りをなんとか改善できたらいいかな と思いました。
ゾロリ抱き木枯しついて駆ける吾子

としてしまうと かいけつゾロリを知らない方にはつうじませんね笑

わたしの薄氷の句への添削をありがとうございます。
赤い文字の句碑があるのですね
どんな句が刻まれているか見てみたいです。

句碑は仰ぐだけでなく、眺めることも触れる写すこともあるので
『仰ぐ』で高さを出したつもりでしたが。

点数: 1

添削のお礼として、ひろせならありすさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

残雪や山肌見つけて隠れんぼ

作者名 白井百合子 回答数 : 2

投稿日時:

空蝉の爪をたてをり木のベンチ

作者名 久田しげき 回答数 : 2

投稿日時:

こんなもんなれてまんねん梅雨出水

作者名 めいしゅうの妻 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『凩を駆け抜ける吾子ゾロリの本』 作者: 南風の記憶
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ