俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

春まけてしゃなりしゃなりとかぎしっぽ

作者 春亀  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

暖かさが増し、引きこもっていた猫がご自慢のかぎしっぽを揺らしながら優雅に歩いている様子が思い浮かびました。明日から寒い日になるようで寒暖差には気を付けたいですね。

最新の添削

春猫のしゃなりと誘ふかぎしっぽ

回答者 いなだはまち

春亀さま
お世話になりまっす。

フンガー💨
こんなんどーですかー💨フンガー💨

やっぱ、エレガンス~!じゃなくなる?
上五と下の句が近いので、「や」で切るのは??やっぱ「の」でしょうか。
游歩人さまに学んだことを活かしてみたつもりですが。

参考になりますやら。
ご一読いただきありがとうございます。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「春まけてしゃなりしゃなりとかぎしっぽ」の批評

回答者 かこ

句の評価:
★★★★★

また楽しい句ですね。
春亀さんの句はみな音楽的ですね。
「ボールルームへようこそ」に黒いかぎしっぽが出てくるのですが、登場人物を新しい世界につれていく役割をもっています。
しゃなりしゃなりのかぎしっぽは白猫の感じですね。

点数: 1

添削のお礼として、かこさんの俳句の感想を書いてください >>

「春まけてしゃなりしゃなりとかぎしっぽ」の批評

回答者 いなだはまち

句の評価:
★★★★★

春亀さま
お世話になります。
「春まけて」という季語、ありがとうございます。一つボキャ増えました

猫である情報が、見つけられないのは、私だけでしょうか?
「かぎしっぽ」⇒おもに猫のしっぽの形となっておりましたので、猫と読むべきなのでしょうか?

中七で、映像を足すのは野暮なのでしょうか?
提案句は、ありませんが、皆さまのご意見を伺いたいところです。

お気を悪くなさらないでくださいね。

点数: 1

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

雑踏に急かされながら雁の空

作者名 迷々子 回答数 : 1

投稿日時:

風吹けば外は涼しい家は夏

作者名 なまこ 回答数 : 2

投稿日時:

脱皮して蟻に喰わるる蝉あはれ

作者名 わかば 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『春まけてしゃなりしゃなりとかぎしっぽ』 作者: 春亀
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ