俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

摂氏二十度百年前の冬の風

作者 そうり  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

つい先日、大阪では冬としては104年ぶりの20℃越え、東京でも19.4度を記録しました。そんな中、100年前の世の中の事を想いながら思いを馳せ、街を歩いた時の事を詠んだ句です。

最新の添削

百年を吹き抜ける風冬あたたか

回答者 南風の記憶

そうり様、こんばんは。意欲的な創作の姿勢、敬服致します。

さて……この句は、「季語の鮮度」という点が気になります。「百年前の冬の風」となると、今現在の風ではない(と読み取れてしまう)ので、読み手が「冬の風」をリアルに感じにくくなっています。

それと「百年ぶりの二十度」と「百年前の出来事」という、二つのことを盛り込んでいるので、感動の焦点がぼやけてしまっています。

私なら「百年前の出来事」に焦点を当てるでしょうか。今回は、あまり参考にならないかもしれません(汗)。ご容赦ください……

句の評価:
★★★★★

点数: 2

添削のお礼として、南風の記憶さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

通り雨過ぎて風鈴鳴りにけり

作者名 しらさぎ 回答数 : 4

投稿日時:

要望:厳しくしてください

天高し未だ顔知らぬ学友よ

作者名 三月幸暁 回答数 : 3

投稿日時:

重力を従へ生きむ立葵

作者名 ののか 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『摂氏二十度百年前の冬の風』 作者: そうり
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ