俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

遠花火思ひ出話泣き笑ひ

作者 新米  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

老夫婦が、遠花火を見ながら、遠い昔の面白かった思い出の話になりました。笑いながら、涙が出てきて・・・
「想い出の涙と笑ひ遠花火」→自分で添削してみた句です。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

泣く花火笑う花火と見たりして

回答者 大須賀一人

いい句ですね。本来なら添削の必要も無いかと思ったのですが
情景の説明に少しウルっと来たので
最も情感に溢れた「泣き笑い」を主題にしてみました
しかしどうして人間は泣き笑いしてしまうんでしょうかね?
「ワッハッハ笑いが涙の故である」

点数: 1

添削のお礼として、大須賀一人さんの俳句の感想を書いてください >>

泣き笑う遠き思い出遠花火

回答者 腹井壮

遠き思い出とする事で老夫婦まではいかなくても時間の経過を表現できたかなと思います。
ただ、この添削ですと中七で切れているのか三段切れなのかはっきりしません。

その点はご了承ください。

花火って人によって色々な想いを孕んだエンターテイメントなんですね。

点数: 1

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

「遠花火思ひ出話泣き笑ひ」の批評

回答者 あ~すけ

泣き笑ふ遠き思ひ出遠花火
に「いいね」を+1します。
腹胃壮さん、スバラシイ、パチパチ!

いいねをクリックしたら、「おまえさんの接続は串経由だからダメ」って叱られました。
ポケットwifiって、串だったんだ!
知らんかった!
(串って、プロクシってことだよ。)

点数: 1

添削のお礼として、あ~すけさんの俳句の感想を書いてください >>

泣き笑ひの日々もありけり遠花火

回答者 ハオニー

お初にお目にかかります、ハオニーです

「遠」い昔の思い出話と、「遠」花火をかけているのですね
記憶の中の遠花火を思い出している、という高度なテクニックならば、ごめんなさい間違えました

泣き笑ひする思い出話、だけでは実感が湧きません
20代には20代の、60代には60代の思い出話がありますから

お話にあるとおり、「老夫婦が」自分達の人生を振り返りながら思い出話に花を咲かせているような雰囲気を、「思い出」という言葉に頼らずに表現するのがよろしいかと思います

点数: 1

添削のお礼として、ハオニーさんの俳句の感想を書いてください >>

「遠花火思ひ出話泣き笑ひ」の批評

回答者 腹井壮

ハオニーさん、はじめまして。
腹胃壮と申します。

お手本になる素晴らしい添削だと思います。

きっと新米さんも納得されるのではないでしょうか。

これからもよろしくお願いいたします。

点数: 0

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

向日葵の葉っぱ色濃い芭蕉林

作者名 胡 秋興 回答数 : 0

投稿日時:

鶯よ一つあげます喉飴を

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

倒木の枝の芽吹きやほの青し

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『遠花火思ひ出話泣き笑ひ』 作者: 新米
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ