俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

初冬の空打つジャグリングのボール

作者 南風の記憶  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

俳句ポスト兼題「初冬」の没句です(ただし他の二句が入選だったからかもしれません)。季語が「初冬」である必然性がなかったのかなという気はします。

最新の添削

「初冬の空打つジャグリングのボール」の批評

回答者 そうり

南風の記憶さま
添削、ご指摘、ご指導有難うございます。感謝いたします。「南風の記憶」さまに「添削」して頂けるにたる「俳句」を詠めるよう頑張っていこうと思います。
「空打つ」に詩的な美しさと、スケールの大きさを感じ、「ジャグリングボール」が輝きを放っているようなイメージを抱き感銘しました。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、そうりさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

初冬の空へジャグリングのボール

回答者 いなだはまち

句の評価:
★★★★★

打つが分かりづらく感じました。
「へ」の力を信じたいところです。
リズムも壊してますので、ボールが重たく感じました。
失礼ながら「人」ではないと思います。
ご参考まで。

点数: 1

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

戸隠の枯れ葉を一枚持ち帰り

作者名 岸本義仁 回答数 : 2

投稿日時:

船出の宴光風願い皿洗う

作者名 まーやん 回答数 : 4

投稿日時:

君とみた桜の花はただ舞い落ちる過ぎ去る時の流れのごとく

作者名 顧博文 回答数 : 2

投稿日時:

要望:厳しくしてください

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『初冬の空打つジャグリングのボール』 作者: 南風の記憶
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ