俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

マスクするよぎる不安やコロナ菌

作者 そうり  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

新型コロナ菌で、最近、人ごみでマスクしている人が多いです。また、マスクが大変売れているようです。

最新の添削

「マスクするよぎる不安やコロナ菌」の批評

回答者 南風の記憶

そうり様、重陽の句へのコメントありがとうございます。
嬉しいですが……褒め過ぎです(笑)。私も、まだまだ初心者です。しかも私は不器用で、頭の中でしっかり整理して、自分なりの型を定めないと、句が詠めないのです(汗)。まぁ、確かに考えた分だけ、人に話せるという部分はあるかもしれません。

とにかく、某CMじゃありませんが「誰もが始めは初心者」です。初心者同士、これからも頑張っていきましょう!

句の評価:
★★★★★

点数: 2

添削のお礼として、南風の記憶さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

コロナ菌パニックマスクの人々ひと

回答者 南風の記憶

句の評価:
★★★★★

そうりさん、先ほどはコメントありがとうございました。

初心者とのことですが、やはり切り取ろうとする視点には、センスを感じます。ほんの少し俳句のメカニズムを学ばれたら、きっとすぐ上達する方だと見受けます。

この句に関しては、「よぎる不安」の直接表現が気になります。俳句というのは、感情を「季語」や「描写」に託すのです。ですから、「不安」と直接的に書くのではなく、読んだ人が「不安」を感じ取れるよう書くというのがポイントかと思います。

そこで……ここは大胆に、破調+字余りを使いました。

「コロナ菌パニック」というニュース報道。これだけで、状況が伝わると思います。そして、そうりさんの書かれた「人ごみでマスクしている人が多い」との情景。これを描写された方が、光景の異様さが伝わり、おのずと人々の「不安」というものを読み手は感じ取ってくれるはずです。

エラそうに書きましたが、私も俳句を初めて二年弱の初心者なのです(汗)。お互いに切磋琢磨していきましょう!

点数: 2

添削のお礼として、南風の記憶さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

今年また蝉の終りを知らずして

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

蝸牛2ミリ進んでひと眠り

作者名 めいしゅうの妻 回答数 : 3

投稿日時:

春暁の鴉高鳴く宮の森

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『マスクするよぎる不安やコロナ菌』 作者: そうり
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ