俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

冬の夜の帰路鍋の香の辛そうな

作者 かなで  投稿日

要望:厳しくしてください

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

冬の夜の帰り道に辛そうな鍋の香りがして来たという句です。

最新の添削

星空や火鍋のにほひ突き抜ける

回答者 いなだはまち

辛い鍋ですと、火鍋3音・チゲ鍋4音・キムチ鍋5音などが浮かびます。
○○の○○鍋にしますと、より具体的になりますが、音数を取られます。
○○鍋は、明確な冬の季語になりますので、押さえることで、残りの音数を映像化や五感表現に使えるかと存じます。
また、提案句の、や⇒に・へ・を で意味が変化するかと存じます。
ご参考まで。

句の評価:
★★★★★

点数: 2

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

その他の添削依頼

雌鮭の尾の擦り切れし骸かな

作者名 大江深夜 回答数 : 3

投稿日時:

初秋刀魚一尾ちびちびつつきをり

作者名 イサク 回答数 : 19

投稿日時:

モルタルに氷雨の鈍く響きけり

作者名 げばげば 回答数 : 5

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『冬の夜の帰路鍋の香の辛そうな』 作者: かなで
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ