俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

夢見ては覚めてぼやける朧月

作者 白千 定子  投稿日

要望:厳しくしてください

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

覚えて欲しい夢に限って目が覚めると直ぐに忘れてしまう。そんな夢を朧月とともにぼやけていただきました。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

夢見しと幽かな記憶朧月

回答者 いなだはまち

句の評価:
★★★★★

内容と季語が「近い」と言われるかも知れません。
切れを入れますと、句がしゃきっとして格調が上がります。
提案句は、記憶で切れが入ります。
ご参考まで。

点数: 2

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

紙鍋のあゆふさに鱚揚げにけり

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

曖昧にするはどうかと梅雨の月

作者名 優子 回答数 : 0

投稿日時:

秋暑し日本海背にジャズバンド

作者名 村山陽子 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『夢見ては覚めてぼやける朧月』 作者: 白千 定子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ