俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

頸椎の凸凹なぞる冬の夕

作者 ひぐらし  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

始めたばかりで右も左もわかりません。
はじめは頸椎の凸凹なぞり愛を知るでしたが、直接的な表現が下品かと思い冬の夕という季語を入れて見ました。どうかよろしくお願いします。

最新の添削

「頸椎の凸凹なぞる冬の夕」の批評

回答者 和光

ひぐらし様こんばんは。初冬の句にコメントありがとうございます🍀身近な題材を詠む様にしてます✏掲句ですが私的には「なぞる」で良いと思います。直線的なので「纏う」にしてもと思いました。座五は広がりが有るのでそのままで良いと思いました。道場から離れてしまいましたが又投句したいと思います🌅

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、和光さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「頸椎の凸凹なぞる冬の夕」の批評

回答者 本田太郎

句の評価:
★★★★★
★★

ちょっと意味が分かりませんでした。

冬の夕暮れの風が、頸椎の凸凹をなぞるように吹き付けてくるという意味まならば。

頸椎の凸凹なぞる冬の風

でいいと思います。

ですが、最初に思い浮かんだ頸椎の凸凹なぞり愛を知るというのは漠然としていてよくわかりません。
こういう時は文章にして具体的にしてから俳句を作った方がいいかと思います。

点数: 2

添削のお礼として、本田太郎さんの俳句の感想を書いてください >>

「頸椎の凸凹なぞる冬の夕」の批評

回答者 どんと

句の評価:
★★★★★

本当に弱いのは誰が誰の頸椎をなぞっているのか読者に丸投げしている点
しかしながら「凸凹なぞる」は初心者離れしたリアリティーある表現
ご自分の才能を信じてこの道場ではなくきちんとした先生に師事することを薦めます

点数: 2

添削のお礼として、どんとさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

小六月一歩あゆめば一歩老ゆ

作者名 あらちゃん 回答数 : 3

投稿日時:

とんぼうの羽光らせて竿の先

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

本尊は小ぶりな如来山ざくら

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『頸椎の凸凹なぞる冬の夕』 作者: ひぐらし
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ