俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

のっそりと霧はい上がる冬の朝

作者 菊花  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

雨がやんで、霧が山肌にそって上っていく様子を詠んでみました。

最新の添削

山肌も髭を剃らむと霧の朝

回答者 丼上秋葵

こんばんは。
髭剃りは男の嗜み、おくらです。

恐縮ながら、御句に、感想を述べさせていただきます。

【雨がやんで、霧が山肌にそって上っていく様子】という、菊花様のコメントを読んだあとに、御句を読むと、確かに、その景は描けているように感じられます。

ですが、逆に、原句のみからだと、その景を読み手が想像するには、少し情報が足りていない気がしました💦

千日草様がご指摘下さっているように、「霧」が三秋の季語、かつ、暗喩ではないので、季重なりになってしまうのではないでしょうか? 

※ただ、菊花様が「冬の朝」に、〈秋〉のものである「霧」が発生したことに、特別な想いを抱いたのだとすれば、それは、強い〈句の心〉になるので、構わないと思います。

読み手としての私は、やはり「冬」であることよりも、「のっそりとはい上がる」「霧」に重きが置かれている句だと感じたので、どちらかを残すなら、後者がいいのでは、と、考えました。

また、もう一つの問題は【「霧」が「のっそりとはい上が」った場所がどこなのか、原句からではわからない】という点です。

以上を踏まえまして、提案句を詠ませていただきました。大分、原句から遠ざかってしまったので、添削句ではありません。一案として、ご笑納いただければ、幸いです💦

◆山肌も髭を剃らむと霧の朝

御句に「山肌」はやはり必要だと思います。
【〈雨で濡れた山肌を白い霧が覆っていく様〉は、まるで、〈洗顔後、シェービングフォームを塗りつけて、「髭を剃らむ」としてる様〉に似ている】のでは、という着想からの一句です。

少しでもご参考になれば、幸いです。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、丼上秋葵さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「のっそりと霧はい上がる冬の朝」の批評

回答者 04422

句の評価:
★★★★★

こんばんは!
御句ですが霧=秋。冬の朝。で季重なりとならないでしょうか?
「重箱の隅を楊枝でほじくる」みたいで悪いのですが、霧はあらゆる場面で秋に使われているので、どうしても気になるのです。どの場合暗喩として捉えて良いのか不勉強の僕には分かりませんので他の方の意見を聞きたいと思い提案させていただきました。

点数: 1

添削のお礼として、04422さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

春眠の深き二度寝の目醒めかな

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

辛夷咲き花弁にそつと一枚葉

作者名 あらちゃん 回答数 : 5

投稿日時:

バス停に海の匂いの帰省かな

作者名 水谷 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『のっそりと霧はい上がる冬の朝』 作者: 菊花
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ