俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

細胞の渇きも梨に癒さるる

作者 大泉洋二郎  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

私の場合自から手を出す果物ではありませんが頂けば瑞々しさと仄かな甘さが体中を駆け巡ります。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

病床の籠に積まれり梨数多

回答者 丼上秋葵

句の評価:
★★★★★

おはようございます!
今日も元気に、おくらです。

恐縮ながら、御句「梨」の句に感想を述べさせていただきます。

【「梨」の美味しさに心を「癒さ」れただけではなく、〈水分豊かな果汁〉によって「細胞の乾き」まで「癒さ」れた】という句意と受け止めましたが、いかがでしょうか? ご安心ください。詠み手の思い、句の心自体はしっかり伝わってきています!

この句の問題点は以下の二つ。

①「細胞」の視覚的情景を、読み手が想像し辛い点

②「癒さるる」という言葉の是非

です。

①「細胞に」という選語に、大泉様の独創性と冒険しよう、という心意気は感じられます。その表現への挑戦自体はすごくいいことだと思います! ですが、その選語が、御句の視覚的情景描写を著しく難しいものにさせてしまっています💦

まず、俳句の基本的な作り方の一つとして、句を読み終えた後の読み手が、目の前にはっきりとした視覚的情景を想像できるように詠むことが大切とされています。

御句を改めて読み返していただき、いかがでしょうか? 【詠み手が梨を食べている】ところまでは想像できますが、〈誰が〉〈どこで〉〈何時〉〈どのように〉〈なぜ〉食べているのかまでは読み取れないと思いませんか? 勿論、ある程度までは、読み手の想像力に託すことを俳句という詩歌は許しています。ですが、それを踏まえても、御句は情報が不足し過ぎているように感じました。

②直接的な感情表現は極力避けましょう!
〈癒された〉という気持ちは、この句の根幹の部分ですが、それをそのまま口に出してしまったら、散文と一緒です。「癒された」という言葉を使わずに〈癒された〉という気持ちを表現する。それが俳句という詩歌の醍醐味です。

◆病床の籠に積まれり梨数多

拙句は、御句の句意を最大限尊重しつつ、出来るだけ5W1Hを具体的に描写できるよう、考えてみた提案句です。

〈風邪でも引いたのでしょうか? 病床の詠み手の枕元には、お見舞いでいただいたであろう「梨」が籠の上に沢山積んであります。〉という句意です。

病気で枯れ果てた身体の「細胞」に水気豊かな「梨」は染み渡るでしょうし、寝たきりで楽しみの少ない病人には、その味も「癒」しにつながるでしょう。さらにこの句では、籠一杯の「梨」をお見舞いに持ってきてくれる知人がいることも詠み手の「癒」しにつながるよう、配慮しました。

「細胞」のような、表現に対する挑戦は、私も頑張りたいと思います。勉強になりました!

少しでもご参考になれば、幸いです。

点数: 1

添削のお礼として、丼上秋葵さんの俳句の感想を書いてください >>

「細胞の渇きも梨に癒さるる」の批評

回答者 丼上秋葵

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
再び、謝罪に参りました💦
おくらです…orz

またしても、私の読力不足で御句の句意を完全には汲みきれなかったのですね💦大変申し訳ございません💦💦

「病床」の設定は、視覚描写を分かりやすく説明する為の例として挙げたつもりで、拙句は添削句ではなく、こんな句作もできますよという提案句のつもりでした。うかがった句意からも蛇足であるとは、重々、承知しております。

梨を食べた瞬間の刹那的な感動を、お詠みになりたいとのことでしたので、もう一句だけ、提案句をお披露目したいと思います💦

◆湧き出づる歯形に梨の岩清水

噛りついた瞬間が、上手く表現できているでしょうか💦
「梨」の果肉はざらざらしていて「岩」みたいですよね!〈「梨」の果汁はまるで、登山客の心身を「癒」してくれる「岩清水」のようだ〉と、詠んでみました。

「岩清水」は三夏の季語で「梨」とは季違いの季重なりなのですが、この句の主役が「梨」なのは明らかですし、「岩清水」は〈梨の果汁の暗喩〉として機能しているので、問題はないかと思います。

『暗喩としての言葉は季語としてみなされない』

最近、こちらの道場で教えていただきました!

私も皆様に失礼がないように、句意を読み取る力を入れて鍛えていこうと思います💦

少しでもご参考になれば、幸いです。

点数: 0

添削のお礼として、丼上秋葵さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

のつしりと白犬歩く雪催

作者名 あつこ 回答数 : 5

投稿日時:

騎馬乱れかかかる吐息と青嵐

作者名 渡道 回答数 : 0

投稿日時:

炎天下もぎたて胡瓜一品に

作者名 洋子 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『細胞の渇きも梨に癒さるる』 作者: 大泉洋二郎
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ