俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

雨どいのおもわぬ破れ秋時雨

作者 菊花  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

雨が降ってはじめて雨どいが壊れているのを見つけてしまいました。目立たなかった場所なのでまとまった雨でわかったのです。ちょっと散文的かなと思うのですが。添削をお願いいたします🙇

最新の添削

「雨どいのおもわぬ破れ秋時雨」の批評

回答者 和光

こんばんは。コメントありがとうございました。タクシーに乗る時に雨自身も服に付いた雨も入るので秋時雨の少しばかりの閉塞感を出してみたした。感じ方はそれぞれで良いと思います🌅

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、和光さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「雨どいのおもわぬ破れ秋時雨」の批評

回答者 04422

句の評価:
★★★★★

こんばんは!
拙句は俳句を始めて間もない時の句です。
良くぞ探してくれたものです。感謝感激です。
御句ですが、添削する時には詠んだ人の季語を壊すことはしないで添削する事と教えられましたが、本来時雨は通り雨の様な冬に降る雨(秋時雨・春時雨もありますが)ですので、時雨で雨どいが壊れたと言う言い方は無理があるように思われますので敢えて季語を変えて秋の雨としてみました。
◆秋雨に雨どい壊るを知りにけり
意に沿わないかと思いますがどうでしょうか?

点数: 1

添削のお礼として、04422さんの俳句の感想を書いてください >>

「雨どいのおもわぬ破れ秋時雨」の批評

回答者 和光

句の評価:
★★★★★

こんばんは。初めまして。秋時雨は優しい雨の様に思います。秋時雨の気持ちになって詠んでみました。「雨どいの破れを避ける秋時雨」参考程度にお願いいたします🌅

点数: 1

添削のお礼として、和光さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

かき氷こめかみ押さえもう一口

作者名 さつき 回答数 : 1

投稿日時:

送り盆宴おわりの風はらみ

作者名 鳥越暁 回答数 : 9

投稿日時:

秋キャンプ肉はまだある見つめ合う

作者名 慈雨 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『雨どいのおもわぬ破れ秋時雨』 作者: 菊花
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ