俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

秋灯下ひとり無言の轆轤の座

作者 久田しげき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

無心の時間

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

秋灯下土の声聴き轆轤の座

回答者 丼上秋葵

句の評価:
★★★★★

こんばんは!おくらと申します。

拙句「名月」にご批評いただき、ありがとうございました! やはり余情が不足していましたよね。反省しています。

恐縮ながら御句に感想を述べさせていただきます。

陶芸一回挑戦してみたいんですよねぇ…。

私の感覚だと「秋灯」から抱くイメージは〈しんみり〉とはしていながらも〈温かな〉光です。あえて意図的になさったのかも知れないのですが「ひとり無言の」とくると、〈さびしげな〉〈孤独感〉といった〈冷たい〉印象を受け、「秋灯」のイメージと反発し合ってしまう感じを受けました。

ですので、〈温かな〉印象を残すため、仲良く語らう相手として「土」を持ってきたのですが、いかがでしょうか?

ただ中七が「土の声聴き」だと座五の「轆轤の座」が見え透いてしまい、安直に感じられてしまうかもしれない点が一つ問題、かつ、「無言」の句意は汲めていれど「ひとり」であるかどうかまで表現なしえているかは自分では判断しかねます。

少しでもご参考になれば、幸いです。

点数: 0

添削のお礼として、丼上秋葵さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

蜂の色青梅特快誰刺すや

作者名 みつかづ 回答数 : 2

投稿日時:

麗かや袴にミリタリーブーツ

作者名 かこ 回答数 : 3

投稿日時:

納豆の食べ方多様笑いけり

作者名 HIGUMA 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『秋灯下ひとり無言の轆轤の座』 作者: 久田しげき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ