俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

句の才のなくて積まれし冬の山

作者 翔子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

普通が難しい私にとって、俳句は難しい。才はないが好きこそものの上手なれ、いつか芽が出る事を信じてここにいる訳だが、もう少し何とかしたい、本を詠み、句を習い、だか上手くなったら上手くなったで、面白くもないかもしれない。何てただの戯言か…。病気に甘えているだけか…。

最新の添削

「句の才のなくて積まれし冬の山」の批評

回答者 なおじい

明子さん、こんにちは。御句の感想を置かせていただきます。

あまり気にしないことだと思いますよ。「添削道場」に投句なさっているから、私も、他の皆さんもそうですが、経験と知識から色々できるだけのアドバイスをさせてもらおうと思っています。自分がそうしてもらとうれしいからです。そうしてもらいたくてここに投句しているからです。こういうところに披露して、誰もコメントくださらなかったら、こんな悲しいことありません。

明子さんに俳句の才能があるとか、上手いとか、そんなことはわかりませんよ。というか、関係ない。
ただ、例えば季語が重なっているとか、悲しいと言わずに悲しみを伝えたほうが刺さるとか、その言葉よりこの言葉のほうがわかりやすいのではと、そういうことは私もできる限りお伝えしようと思いますし、皆さんも同じ気持ちのはずです。

どうでしょう、一日一句とこだわらずに、ゆったりと心のままにご投句なさっては。

私は俳句は、素直・自然が大事だと思っています。それには考えすぎないことだと思います。推敲が足りないのは困りますが、特別な技術や能力がないと俳句など作れない、ということはないと信じます。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「句の才のなくて積まれし冬の山」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

才能かうまいか、などの視点もあると思いますが、その人しかない目線や積んできた歴史があると思っています。それが滲み出ればテクニックよりも、素敵な味わいの句になるのかもと思ったり😆

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

少女の日夕焼け見立て煌めきて

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

秋雨を睨む合羽の地蔵さま

作者名 そうり 回答数 : 8

投稿日時:

見上ぐれば月の黒子となる火星

作者名 いなだはまち 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『句の才のなくて積まれし冬の山』 作者: 翔子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ