俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

第一回仲秋飛入句会感想

作者 一本勝負の悠  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

◎あちこちの逃げ惑ひたる落し水

鳥越暁

◆季語

落し水

おとしみず/おとしみづ
仲秋
田水を落す/水落す/堰外す

稲穂が垂れ始めたころ、水口を塞ぎ、田の尻の畦を切り、その成長に不要となった水を落とす。そうして刈入に備え田を干す。落ち行く水音に、しみじみとした秋を覚える。

阿武隈や五十四郡のおとし水
蕪村 「落日庵句集」

村々の寝ごころ更けぬ落し水
蕪村 「蕪村句集」

藪越えて鼬わたれり落し水
亀六 「秋の夜」

水落ちて田面をはしる鼠かな
蝶夢 「草根発句集」

泥亀の流れ出でたり落し水
夏目漱石 「漱石俳句集」

落し水静かにきけば二つとも
西山泊雲 「ホトトギス誌雑詠選集」

水落し来て子の間に寝まるなり
久米三汀 「返り花」

田から田の段々水を落しけり
室生犀星 「魚眠洞発句集」

稲妻に水落しゐる男かな
村上鬼城 「定本鬼城句集」

 きごさいより。

◆感想
あちこちの/逃げ惑ひたる/落し水

逃げ惑いたる/の中七が水を生きもののように捉えて秀抜だと思います。

暁さん、ご参加ありがとうございました。次回もよろしくお願い申し上げます。

最新の添削

「第一回仲秋飛入句会感想」の批評

回答者 鳥越暁

こんばんは。
過分なる評をいただき恐縮です。素直に嬉しく思います。
また機会がありましたら、チャレンジするやもしれませんので、よろしくお願いいたします。

拙句「初冬・・・初白髪」へのコメント、アドバイス、ありがとうございます。
「痛し痒し」の表現に少々狙いがあったのですが、失敗のようですね。ありがとうございます。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、鳥越暁さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

片方だけつける手袋冬構え

作者名 流れ星 回答数 : 1

投稿日時:

俳句馬鹿沼に落ちたる月しろし

作者名 森本可南 回答数 : 5

投稿日時:

川縁のフェンスの奥や冬薔薇

作者名 感じ 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『第一回仲秋飛入句会感想』 作者: 一本勝負の悠
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ