俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

大硯水に休めて良夜かな

作者 久田しげき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

使い終えた硯を研ぐ前の準備です。

最新の添削

「大硯水に休めて良夜かな」の批評

回答者 一本勝負の悠

見逃せない書込みがありましたので一言失礼します。

・大硯水に休めて良夜かな/

本句の季語は良夜で動かないと思います。
中七の《水に休めて》の措辞についても、観察の極致から出た詞で、作者は実際にある程度以上、書道を嗜まれる人ではないかと思われます。

初心者を名のれば何を言っても許されるものではない。 特に俳句は十七文字という、短い字数で完結する詩形ですから、創る側も読む側も真剣勝負であるべきかと思います。

句意を読み取る努力もせず、季語を調べる手間もかけず、読む方が恥ずかしくなるような、粗雑なコメントは以後慎んで欲しく思います。 千日草さん、よろしくお願いいたしますm(._.)m

点数: 2

添削のお礼として、一本勝負の悠さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「大硯水に休めて良夜かな」の批評

回答者 04422

初めまして
初心者の意見です。大目に見てください。
水に休めてとは面白い表現方法だと思いますが硯洗うが季語かと思います。
◆大硯重きを洗ひ良き夜かな
これでどうでしょうか?気に入らなかったらごめんなさい。
良夜は中秋の名月の夜、又は九月十三夜に使われますので、硯洗う=七夕とは程遠いと思います。

点数: 1

添削のお礼として、04422さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

碁会所へ煤逃げの顔揃ひけり

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

金魚きんぎよマスカラうまく乗りました

作者名 げばげば 回答数 : 6

投稿日時:

朝ぼらけ海ほうづきの潮匂

作者名 さつき 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『大硯水に休めて良夜かな』 作者: 久田しげき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ