俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

おじや炊く我が身の業も薄まるや

作者 すがりとおる  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

御批評・添削宜しくお願い致します。

最新の添削

「おじや炊く我が身の業も薄まるや」の批評

回答者 ハオニー

鮟鱇鍋の句があり、そして今回おじやの句...
個人的には、シリーズものの俳句は好きです
これらの句で句集を出すならば、きちんとセットにすべきだと思いました

俳句の感想を...
一読しての感想は、本当に「おじや」でいいのか?でした
「おじや」は「雑炊」という季語の傍題、つまり「雑炊」とはニュアンスが違う季語です

そのニュアンスの違いには、「おじや」と「雑炊」の違いが関係してきます

地域に差はあるようですが、定義したデータをまとめてみました

「雑炊」
ご飯を一度水洗いして、鍋料理をしたときの煮汁などと一緒に温めたもの
米粒の形が残っている
煮汁は白っぽいものが多い

「おじや」
基本的にご飯を水洗いせず、煮込んで水分を飛ばしたもの
米粒の原型が残っていないものもある
醤油や味噌の色が出ていることが多い

おじやは煮詰めるため、業が深くなるような気がします
「雑炊」の方が近いかもしれません

雑炊に我が身の業を溶かしたし

「薄まる」が説明の言葉のため、これは気になりました

「我が身の業」が具体的にどういったものなのかはよくわかりませんが、読み手に想像していただくつもりであったと仮定しました
だからそのままです

点数: 1

添削のお礼として、ハオニーさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「おじや炊く我が身の業も薄まるや」の批評

回答者 かぬまっこ

今日は👋😃句の最後の「や」が気になります。切れ字の「や」は普通、上五か中七に置きます。句の最後は「かな」や「けり」が定番です。
また、「業も」の「も」です。「も」使うと焦点がぶれると夏井先生が言っていました。

🔷おじや炊く吾の身の業の薄まれり

🔷おじや炊く業の薄まる吾の身かな

では、どうでせうか❔

点数: 1

添削のお礼として、かぬまっこさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

青黒く指さき腫れて水草生ふ

作者名 ちゃあき 回答数 : 4

投稿日時:

小梅咲く石詰まる靴僕常勝

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

シウマイ弁当に一片の杏子

作者名 いくたドロップ 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『おじや炊く我が身の業も薄まるや』 作者: すがりとおる
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ