俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

虫食いの葉の黄ばみたる秋旅情

作者 鳥越暁  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

思うところあり、この添削道場からおいとまさせていただきます。
数か月の間でしたが、皆様にはお世話になりました。
俳句は続けていきますので、どこかで御目に掛かれたら幸いです。
みなさんも御健吟に・・・

最新の添削

「虫食いの葉の黄ばみたる秋旅情」の批評

回答者 04422

こんばんは!
出会えるとかたく信じていました。やる気が今一です。
今までもそうでしたが駄句ばかり。でも頑張っていきます。
おっしゃる通りですね。ご丁寧なるコメントと添削句ありがとうございました。
揚句コメントも出来ません。去られてから、能無しの自分にはコメント出来ません。
お待ちしております。

点数: 1

添削のお礼として、04422さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「虫食いの葉の黄ばみたる秋旅情」の批評

回答者 04422

こんにちは!
多分嫌気がさしたのでしょう。
私がくだらない挑発的な発言に乗せられてそれに反発した事実に出会っての事が原因でしょう。
続ける気持ち失せましたか?
寂しいです。鳥越暁様のあたたかいお言葉に甘えて又支えられて来ました。
お気持ち変えていただけますと幸いです。
初心者大歓迎のこの添削道場のモットーを信じて頑張っていきます。
誹謗中傷には慣れました。この添削道場で叩かれて自分なりの句の世界を作っていきます。
かこ。様と貴殿の真摯なる俳句に態度が心の拠り所でした。
確かに純真な俳句に対する世界がありません。でも、頑張っていきましょう。
心からの財産を失ってしまいます。是非とも続けてください。
最後のお願いです。添削指導してください。
いなくなっても鳥越暁様の事は心からの先輩として大切な財産として大切にさせていただきます。
再見!を楽しみにしてお体お気をつけてお越しくださいませ。

点数: 2

添削のお礼として、04422さんの俳句の感想を書いてください >>

「虫食いの葉の黄ばみたる秋旅情」の批評

回答者 鉄道員

今日は。宜しくお願いいたします。虫食いの葉ですから歩いておられるのですね。そしてその虫食いの葉の穴から秋の日射しがもれているのを見て、木立の上の方まで視線を移し佇んでおられる貴方の姿が目に浮かんでまいります。良い句だと思います。              

点数: 1

添削のお礼として、鉄道員さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

川縁の落花の中でステップ踏む

作者名 雪柳 回答数 : 2

投稿日時:

金目鯛獲れねば噛むな嚙むなら執るな

作者名 小西晴菜 回答数 : 3

投稿日時:

夏休み夜空の下で母思う

作者名 春野ぷりん 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『虫食いの葉の黄ばみたる秋旅情』 作者: 鳥越暁
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ