俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

日傘連なる赤坂の梅雨晴間

作者 幸福来々  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

新しい職場で人見知り発症してるからほっといて欲しいけど、仲良くしないといけないのはつれぇー

最新の添削

「日傘連なる赤坂の梅雨晴間」の批評

回答者 かぬまっこ

そうかぁ。新しい職場で人見知り発症ですか…。つらいですね…。
仲良くするのも給料のうちと割り切るしかないですね。

景色の見える句だと思います。赤坂が効いていると思います。
「日傘」「梅雨晴間」季重なりですが、許される季重なりかも知れません。素人なので、よく分かりませんが…。

点数: 1

添削のお礼として、かぬまっこさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

オフ会やすわ雀みな蛤に

作者名 夜亜舎 回答数 : 2

投稿日時:

霞食む白白明けの道の苔

作者名 春亀 回答数 : 2

投稿日時:

登山終へ下山の事は忘れたり

作者名 卓鐘 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『日傘連なる赤坂の梅雨晴間』 作者: 幸福来々
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ