俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

田植ゑして泥の匂ひにつつまれし

作者 04422  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

田植シリーズ第二弾。これ以上続くかは分かりません…。駄句で申し訳ございません。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「田植ゑして泥の匂ひにつつまれし」の批評

回答者 鳥越暁

おはようございます。
情景はよく浮かびますが、類想も多そうですね。
泥の匂いを生かして、
・田植えして泥の匂いに咽ぶかな
とか。つつまれる、を生かして、
・田植えして泥泥泥につつまれて
なんてどうでしょうか。

点数: 1

添削のお礼として、鳥越暁さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

彼岸花母の笑顔が揺れている

作者名 恵寿 回答数 : 3

投稿日時:

成人のつどいの知らせ要マスク

作者名 かこ 回答数 : 3

投稿日時:

室咲や元気とつけし児の弱し

作者名 かぬまっこ 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『田植ゑして泥の匂ひにつつまれし』 作者: 04422
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ