俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

おもたせの中身は知らぬ春の夕

作者 幸福来々  投稿日

要望:厳しくしてください

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

ルンルン感が伝わるかどうかが知りたい

最新の添削

おもたせの中身は知らぬ春の夕の批評

回答者 三日酔いの防人

幸福来々様、こんにちは。
『春の夕』良い季語の斡旋ですね。おもたせという言葉も面白いと感じました。
ただ、中七がもったいないですね。中身の知らない状況をいかに表現するかが、この句の醍醐味であると思います。
私には母のお使いに同道している、幼子の影が浮かびました。
おもたせの澄ました顔や春の夕
とご提案致します。

点数: 2

添削のお礼として、三日酔いの防人さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「おもたせの中身は知らぬ春の夕」の批評

回答者 いなだはまち

ワカシ君一年生です。
お世話様です。

添削ありがとうごさいます。
実際にピアノを経験された方のコメントは、説得力があります。
マンホールは、構造上飛んだり跳ねたりしませんが、カタカタして水が噴き出す様子を敢えてそう表現してみました。

下五以外映像化ができてなく、日記に書き留めておくべき内容です。
作り直しましょう。

点数: 1

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

夏の朝神の国へのサウダージ

作者名 友也 回答数 : 0

投稿日時:

行く春の校舎チューリップの花弁落ち

作者名 上岡 たつき 回答数 : 3

投稿日時:

大仏の三昧掠む蚊喰鳥

作者名 鳥越暁 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『おもたせの中身は知らぬ春の夕』 作者: 幸福来々
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ