俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

朧月砂利の擦れ音高くなり

作者 三角すい  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

こんにちは。よろしくお願いいたします。

最新の添削

「朧月砂利の擦れ音高くなり」の批評

回答者 かこ

朧月高くなりゆく砂利の音

朧月段々高く砂利の音

月の明るさと夜の暗さ、特に暗さを音で表現していて、渋い句ですね。
ただ、好みかも知れませんが擦れ音という言葉にやや違和感がありました。

点数: 1

添削のお礼として、かこさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「朧月砂利の擦れ音高くなり」の批評

回答者 04422

三角すい様こんばんは!枝垂桜への的確なコメントありがとうございます。
「や」で切れを入れれば締りますね。
朧月には春愁の感じを持つのですが揚句は音が高くなると言っていますので、浮き浮きとした砂利道を歩いている雰囲気。
しかし、難しくてちょっと難解です。教えてください。

点数: 2

添削のお礼として、04422さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

空を舞う蜻蛉や庭に叫ぶ子ら

作者名 孫春艶 回答数 : 2

投稿日時:

傾けた帽子で写る入学子

作者名 シゲ 回答数 : 1

投稿日時:

夏よ少女の立ち漕ぎで坂登り

作者名 まちる 回答数 : 7

投稿日時:

要望:厳しくしてください

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『朧月砂利の擦れ音高くなり』 作者: 三角すい
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ