俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

子の髪に落花ひとひら見上げつつ

作者 まちる  投稿日

要望:厳しくしてください

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

子どもに背を抜かれると感慨深いものがありますよね。
この句で表せてるでしょうか。
よろしくお願いします。

最新の添削

「子の髪に落花ひとひら見上げつつ」の批評

回答者 鳥越暁

こんばんは。
前説を読まずに味わわせていただきました。
娘さんの髪に花びらが付いているのを見て、「あら、どこからかしら?」と母親が見上げている様を想像しました。
前説を読んで、句意を違えていたようです。
見上げる様を子の前に持ってきた方が通じるかもしれないですね。
私の読みが浅いのかもしれませんけれど^^;

点数: 2

添削のお礼として、鳥越暁さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「子の髪に落花ひとひら見上げつつ」の批評

回答者 04422

まちる様こんばんは!千日草です。ご熱心に添削していただきありがとうございます。
そうですね。考えています。
あれもこれもと詠もうとすればくどく説明句そのものになるでしょう。
◆ひとひらの子の髪に落つ桜かな
どうでしょうか?コメントとは違いますが…。🙇🙇

点数: 1

添削のお礼として、04422さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

着崩れを闇にあずけて踊りけり

作者名 山口雀昭 回答数 : 2

投稿日時:

冬日和シャッター通りにラッタッタ

作者名 春亀 回答数 : 3

投稿日時:

雪催い大根の葉は青青と

作者名 舞矢愛 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『子の髪に落花ひとひら見上げつつ』 作者: まちる
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ