俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

昨夜来窓を叩いて北風過ぐる

作者 おうちゃん  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

雨後は必ず必ず強い北風が吹きます。一晩中寝室の窓を叩いき、翌朝は穏やかになる。慣れた気象条件ですがやはり怖い。

最新の添削

北風の窓を叩きぬ朝ぼらけ

回答者 腹井壮

おうちゃんさん、こんばんわ。

コメントにありましたが確かにそれは恐いですね。でも都会に住んでいると逆に自然のルーチンを感じられることが羨ましく思います。

原句は色々説明している割には句意が伝わってきません。朝ぼらけを使えば時間の推移が描写できます。「北風の」の「の」は文語上「が」に相当します。

点数: 0

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

すきま風目覚まし替わりに起こされて

作者名 回答数 : 2

投稿日時:

紫陽花の傍え死に場に眠る犬

作者名 つちや郷里 回答数 : 2

投稿日時:

今秋の不漁さんまや口恋し

作者名 そらえもん 回答数 : 0

投稿日時:

要望:褒めてください

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『昨夜来窓を叩いて北風過ぐる』 作者: おうちゃん
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ