俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

どこまでも飛べる卒業式の空

作者 耳目  投稿日

要望:厳しくしてください

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

飛べるが少し安易かなー・・と思いつつ

最新の添削

卒業の空よ無限の可能性

回答者 たきさん

こんにちは。はじめまして。御句、拝見致しました。卒業して未知の世界へ旅立つ、夢と希望に満ちた句であると受け取らせていただきました。卒業式を終え、校門を出ると大空が前途を祝福するように広がっている。目に見えるようですね。旅立ちの句であるならばやはりリズム感を大切にしたいと思います。
いささか陳腐の感がありますが、提案句を置かせていだきましたた。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、たきさんさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

卒業の空どこまでも飛べそうで

回答者 山田輝

句の評価:
★★★★★

実際に飛ぶわけではなく、あくまで飛べそうだと感じただけでしょうから、ちゃんと書いた方が良いかと思いました。大事なのは、「このどこまでも飛んでゆけそうな空の元で卒業していく。こうして社会へ旅立って行くのだ、私は」というような気持ちで、"空"そのものではなく、"飛べそうな空の元で旅立つ期待や希望"のようなものだと感じました。そこで、今回のような少し余韻を残すような添削にしてみました。いかがでしょうか?

点数: 0

添削のお礼として、山田輝さんの俳句の感想を書いてください >>

どこまでも飛べる空あり卒業す

回答者 よし造

句の評価:
★★★★★

気持ちがいい句で大好きです。空を飛べるとか鳥になれるとかいうフレーズは、ありますが、そう既視感のある措辞ではないと思います。下五の収め方はこの形はあると思いますが、掲句は自分の気持ちを出してみました。

点数: 0

添削のお礼として、よし造さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

衣かへ晴れ間に駆ける虹の色

作者名 卯筒 回答数 : 0

投稿日時:

要望:褒めてください

あごまでの湯視線の写す若葉かな

作者名 鎌田 潤一 回答数 : 1

投稿日時:

出したるは五人に七つの草の餅

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『どこまでも飛べる卒業式の空』 作者: 耳目
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ