俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

雨はじくレースの傘や一年生

作者 たけたけ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

季語「一年生(入学の子季語)」

去年の娘を思い出して詠みました。
同じマンションのお友達とお揃いの傘を買って、みんなで登校しました。
女子同士はやっぱりべったりで、いつも「お友達といっしょ」じゃないと嫌なんだなと思いました。😁

最新の添削

「雨はじくレースの傘や一年生」の批評

回答者 04422

竹内様こんにちは。いつもコメントありがとうございます。良い句だと思います。
新入生可愛いでしょうね。
辻馬車は本当です。冬の間はお休み。三月一日観光シーズンの幕開けとして辻馬車は走り始めます。その、出発式に地元の幼稚園児を招待して走り初めを行います。昨日がそうでした。新聞のローカル版にカラー写真で出ていました。

点数: 1

添削のお礼として、04422さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

飛び起きて耳を澄ますや今日の秋

作者名 コウ 回答数 : 1

投稿日時:

旧式のプルタブ缶や登山道

作者名 根津C太 回答数 : 2

投稿日時:

春昼や薄日差したる病室へ

作者名 ふり 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『雨はじくレースの傘や一年生』 作者: たけたけ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ