俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

水温む三十八度線あたり

作者 ハオニー  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

投句はひさしぶりです
普段は自分の俳句ではあまり悩まないのですが、今回は大胆さの是非に悩んでいます

句の説明はしません
説明すればするほど、私の句は鮮度を損なうことが分かりましたから

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「水温む三十八度線あたり」の批評

回答者 たけたけ

ハオニー様
あたたかくて、素敵な句をありがとうございました。竹内です(*^-^)

やっぱり、力のある方の句の迫力は違いますね。しみじみと思います。
私は感情的にならないように、静かに詠んでみましたが、「たんぽぽ」はやっぱり健気でとても強いというイメージです😃

息子は重要判定ですが、毎日コツコツ教えているとお米を研いで炊飯器のスイッチを押せるようになりました。
自閉症スペクトラムという生きづらい脳の障害ですが、毎日がんばって生きています😺
重度の障害を持った息子が、幸せな大人になるにはどうしたらいいのか…私もちゃんと現実を受け止めて考えていきたいです。

これからもいろんな経験も感情も、季語に託して俳句にできたらいいなと思います(*^-^)
ありがとうございました。

点数: 1

添削のお礼として、たけたけさんの俳句の感想を書いてください >>

「水温む三十八度線あたり」の批評

回答者 素一

ハオニー様おはようございます!いつも懇切丁寧な添削指導ありがとうございます。
三月一日冬の間だけ休んでいた辻馬車が又、走り始めるのです。その出発式に地元の幼稚園児が乗り始めの儀式です。どう表現しようかと迷いましたが、貴重なコメントいただいてもう一度考えてみます。

点数: 1

添削のお礼として、素一さんの俳句の感想を書いてください >>

「水温む三十八度線あたり」の批評

回答者 鳥越暁

こんばんは。
拙句「草の息・・・」へのコメント、添削ありがとうございます。
「草の息」は「草いきれ」を季語から外して表現したのですが、そちらも「傍題」でしたか。浅学でお恥ずかしいです。
となると、上五を色々と推敲してみようと思います。
ありがとございました。また、お手すきの際はよろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、鳥越暁さんの俳句の感想を書いてください >>

「水温む三十八度線あたり」の批評

回答者 ろっこ

凄く深い句ですね。
素晴らしく削られた言葉の中の「38度線あたり」の(あたり)が面白いです。
私が読んだ意味であってるなら素晴らしい句だと思います。
半年近く前の句に今頃コメントすみません。

点数: 1

添削のお礼として、ろっこさんの俳句の感想を書いてください >>

「水温む三十八度線あたり」の批評

回答者 いなだはまち

ご無沙汰でございます。
お陰さまで、何とか「人選」をちょくちょく戴けるようにはなりました。
隔週の俳句ポストが、自身の句力を確認する一番の場ですが、毎週確実に複数選の方や、ちょくちょく「地選」になる方の句を拝見すればするほど、物の見方や表現の仕方に圧倒されております。
先月は、肩に力が入りすぎ「俳句イップス(笑)」になりましたが、「評価はグリコのおまけ」ということを自分なりに理解できつつあるかなと思っております。
ご指導宜しくお願い致します。(礼)

点数: 1

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

「水温む三十八度線あたり」の批評

回答者 鳥越暁

こんばんは。
拙句「電線の・・・」への添削、ありがとうございます。
お久しぶりで嬉しいです。
まさに悩みどころをご指摘いただきました。「季節飾り」に行きついた様を読まれました(笑)。
ご提案の「エンドロール」、ちょっと違和感を感じていました。動きのない赤トンボの静止画に対して動きのある「エンドロール」を持ってこられた意味はと。
なるほど、動くのはこちらの目線ということですね。それでご提案の意図が分かり納得させていただきました。感謝いたします。
また、ご意見、ご指摘のほどよろしくお願いいたします。ありがとうございました。

点数: 1

添削のお礼として、鳥越暁さんの俳句の感想を書いてください >>

「水温む三十八度線あたり」の批評

回答者 いなだはまち

ご指摘ありがとうございます。
締め切りを過ぎても、選考発表前に他人に意見を求めるのはマナーに反するのですね。
この道場にあげる句の選択から、考え直すようにいたします。
自分なりに自信があったのに、ボツになった句を皆様に伺うのが、季節感の上でも一番相応しいかも知れませんね。
もしくは、サイトのお題も含め、今思いついた句をあげるかですね。
本句は、免許証返納をイメージしてもらえれば自分なりには成功でした。

点数: 1

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

「水温む三十八度線あたり」の批評

回答者 いなだはまち

お世話になります。

お国富士は、日本に四百ほどある◯◯富士を読み手の脳裏に描いてもらえたらとの思いです。単に「榛名富士」でもよかったのですが、。
イメージは、里帰りして実家の畳に寝転んで山を眺めている、その姿越しに山を眺めている自分(奥さん)です。
伝わりませんね~!。

点数: 1

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

「水温む三十八度線あたり」の批評

回答者 いなだはまち

お世話になります。
黙祷の句へのコメントありがとうございます。

全体を通しての音、リズムとしては、鼻につかないかなと思い、そのまにしました。
ぞを強制と捉え、嫌う方もおられると思いますが、よでは、思いは伝わらないです。

そもそも俳句と認めない方が多いかと思いますが、独り言程度にスルーして頂ければよいかと。

宜しくお願い致します。

点数: 1

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

春日てふ令和の気温25度

作者名 たーとるQ 回答数 : 5

投稿日時:

凍滝の落つる力を失せにけり

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

風邪ひけばお国言葉のメール効く

作者名 いなだはまち 回答数 : 5

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『水温む三十八度線あたり』 作者: ハオニー
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ