俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

薄氷を削りし滑走路の朝

作者 世良日守  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

この時期の空港の朝は薄氷が鬼門。CABが早朝見廻りしている景を想像してみました😆

最新の添削

「薄氷を削りし滑走路の朝」の批評

回答者 北あかり

世良日守さん
こんばんは、北あかりです。
コメントありがとうございました。
「静かに」を入れるとまた世界観が広がりますね。
掲句ですが、「朝」を「今朝」にすると、
いつのことなのかもいいかな、と思いました。

点数: 1

添削のお礼として、北あかりさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「薄氷を削りし滑走路の朝」の批評

回答者 ハオニー

破調の是非ですね
決まるとかっこいいですが、外すと?となるものです

「はくひょう」って皆読むと思うのです
そのため、字足らずだと判断されてしまうでしょう
定型か破調かすぐに分からないと、定型だと思って読むしかないですから
「うすごおり」と最初から読める人は少数でしょう

無理やり音数を合わせて、一句がガタガタしたイメージです

薄氷削りて朝の滑走路
と、定型にした方が纏まりがあります

定型の問題より、この「し」がおかしいのです
この「し」の意味を少し見てみると、私の抱いた違和感の正体が分かるはずです

点数: 1

添削のお礼として、ハオニーさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

朝霧に定規で書いた抗議文

作者名 根津C太 回答数 : 3

投稿日時:

実南天床の間飾る嫗かな

作者名 あらちゃん 回答数 : 5

投稿日時:

湯上がりの母待つ子らや天瓜粉

作者名 たきさん 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『薄氷を削りし滑走路の朝』 作者: 世良日守
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ