俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

はぐれ猿母の乾したる冬葉を噛む

作者 北あかり  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

正月に実家より持ち帰った鮭とばから
連想しての句です。
釣り好きな父の釣果の鮭、
食べきれない分を母が乾してとばに
していました。

最新の添削

「はぐれ猿母の乾したる冬葉を噛む」の批評

回答者 世良日守

こんばんは😊世良です。いつもお世話になってます!
冬葉...北海道の冬の季語なんですね😃美しい季語ですねー
中七下五の【母の干したる冬葉を噛む】はスッと入って来ました😊
上五のはぐれ猿🐒...これは比喩なのか...はぐれたのに母がいる⁈と悩みます😆

点数: 1

添削のお礼として、世良日守さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

独り居の夜の友達虫の声

作者名 04422 回答数 : 1

投稿日時:

田起こしや山うちまもるトラクター

作者名 こま爺 回答数 : 6

投稿日時:

黒き絵馬涙に滲む自死の文字

作者名 白南風や 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『はぐれ猿母の乾したる冬葉を噛む』 作者: 北あかり
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ