俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

冬めく風蜘蛛が張り付く最終列車

作者 あすん  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

初めての投稿です!

最新の添削

「冬めく風蜘蛛が張り付く最終列車」の批評

回答者 かぬまっこ

おはようございます。👋😃☀はじめまして✨かぬまっこと申します🎵
蜘蛛は夏の季語です。575のリズムを守った方が良いと思います。

指摘事項: 季重なり

点数: 0

添削のお礼として、かぬまっこさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「冬めく風蜘蛛が張り付く最終列車」の批評

回答者 北あかり

はじめまして。北あかりと申します。
私は俳句をはじめてまだ1ヶ月程ですので
添削などできる立場にございません。
私なりに感じたことを書き綴るだけですので
どうぞ、聞き流していただければ幸いです。
さて、掲句ですが、冬の動きの悪い蜘蛛が暖をと求めて列車に張り付いているのか、はたまた風に飛ばされて列車にくっついてしまったのか。
そのような光景が浮かびますね。
蜘蛛は夏の季語とすることもあるようですので、「冬蜘蛛」としてみるのはどうでしょうか。
冬蜘蛛や風に張り付く最終列車
今後ともよろしくお願い致します。

点数: 1

添削のお礼として、北あかりさんの俳句の感想を書いてください >>

「冬めく風蜘蛛が張り付く最終列車」の批評

回答者 いなだはまち

唯我独善と申します。よろしくお願いいたします。🙇
素晴らしい観察眼をお持ちですね!✌
蜘蛛は、夏の季語ですね。また、冬めく風ですと季語としての存在感が弱いです。最終列車は終列車で納まります。
◆冬蜘蛛の貼付きたる終列車
(へばりつきたる)
事実を淡々と詠むのもありです。読み手の想像力に託すのも俳句です。車内の蜘蛛ではないと読んでくれるはずですので。🙇

点数: 0

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

春天や大厄だなと友の聲

作者名 卯筒 回答数 : 0

投稿日時:

干芋の焼き目眺むる親子かな

作者名 ドキ子 回答数 : 4

投稿日時:

仏には目鼻を彫りて大晦日

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『冬めく風蜘蛛が張り付く最終列車』 作者: あすん
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ