俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

限界は次に持ち越し雪の山

作者 鴨長迷  投稿日

要望:厳しくしてください

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

三浦雄一郎氏が南米の最高峰に挑戦。86歳の限界を医師に示され、今回は断念。と言うことは、挑戦はまだまだ続く。

実行者は夏の南米、読んでいる私は冬の日本。この場合季語はどの様に盛り込めば良いのでましょうか?苦し紛れに雪の山としました。

実行者 の気持ちになれば夏
読み手 の意識が強ければ冬

季語はどちらを選択しても良いのでしょうか?

最新の添削

その他の添削依頼

年新た絵馬の文字の幼さよ

作者名 あらちゃん 回答数 : 4

投稿日時:

子らと呑むときはいつしか薬喰

作者名 いなだはまち 回答数 : 2

投稿日時:

尊徳の背より舞ひぬ夏の蝶

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『限界は次に持ち越し雪の山』 作者: 鴨長迷
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ