俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

心太夕暮れ一人静かなり

作者 博充  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

心太を一人で食べました。

最新の添削

「心太夕暮れ一人静かなり」の批評

回答者 竜子

博充様 おはようございます。
ところてん美味しそうですね。
みどりの多いところ召し上がったのでしょうか。
詠んでみました。
心太器ひとつに箸いち膳
下五は字余りですが、語尾がんですので許容範囲でしょうか
よろしくお願いいたします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「心太夕暮れ一人静かなり」の批評

回答者 慈雨

句の評価:
★★★★★

博充さま、こんばんは。
夕日に照らされながら一人で食べる心太。寂しさと風流な感じが同居するようで、いいですね。

このままでも悪くないと思いますが、微妙に三段切れっぽいかもしれません。
あと、「夕暮れ」「一人」とくれば何となく「静か」と言わなくても静かなシーンを想像できそうです。

「一人」と直接言わず、連想させるような言葉に置き換える(お皿が一つ、箸一膳、狭い部屋、パックのまま食べるetc.)など試してみても面白そうですね☆

・夕暮れの四畳の部屋ところてん
とか。またよろしくお願いします!

点数: 2

添削のお礼として、慈雨さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

スキップの君照らす上り月帰り道

作者名 岡野 陽子 回答数 : 6

投稿日時:

春の野に金平糖を散りばめる

作者名 翔子 回答数 : 6

投稿日時:

紫陽花のぐにやり赤子の首のごと

作者名 なおじい 回答数 : 26

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『心太夕暮れ一人静かなり』 作者: 博充
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ