俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

この星の肌の匂いや梅雨に入る

作者 シゲ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

ペトリコールです。

最新の添削

「この星の肌の匂いや梅雨に入る」の批評

回答者 なおじい

シゲさん、こんにちは。
御句拝読しました。これはすごい句です。慈雨さんもおっしゃっていますが、出すところに出したら、それなりの評価を得られるのではないかと思いました(偉そうにすみません)。

このままいただきますが、ただ、このままですと悔しいので(笑)、慈雨さんの「匂ひ」以外に何か言わせていただきますね。

この「肌の匂い」は、雨が降った直後に感じるもののような気がします。それであれば、長く続く梅雨(入梅)よりも、夕立とかのほうが似合いそうな気もします。

しかしこれは負け惜しみとか言いがかりかもしれません(笑)。やはり「匂ひ」にして、このままいただきます!

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「この星の肌の匂いや梅雨に入る」の批評

回答者 慈雨

句の評価:
★★★★★

シゲ様、こんばんは。
この星の肌の匂い。おお、いいですねぇ。梅雨入りの時に感じる匂いをそう捉えましたか。お見事な着想です。
こま爺様のコメントの通り、情報の量に過不足が無いのも良いですね。

と言うか、なんか最近覚醒していませんか…?素晴らしい句が次々と投稿されていて感動しています。
何も書かないのも悔しいので(笑)、細かいですが文語に統一するなら「匂い」→「匂ひ」がいいかもしれません。

以下、余計な話でしたらごめんなさい。
シゲ様、ここ以外にも俳句の投稿や応募はされていますか?
ご存知かもしれませんが、「俳句ポスト」や「俳句生活」など、この道場の皆さんも多く応募されているサイトもあります。
もしまだ応募されたことがなければ、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。
シゲ様の実力なら私なんかよりずっといい結果が出せるんじゃないかな、と思います。
もし興味があれば検索してみてください☆

点数: 1

添削のお礼として、慈雨さんの俳句の感想を書いてください >>

「この星の肌の匂いや梅雨に入る」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

すごい!この星の肌の匂い。
地球と言わずこの星ですか。いいです。もにかく材料の分量がすつきりしそのためリズムもすっきり。

つたない感想で失礼。

点数: 0

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

錠剤の転げ失せたり夕薄暑

作者名 久田しげき 回答数 : 2

投稿日時:

冬帽子框に置きて帰宅とす

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

琴の音や姐が奏でる春の海

作者名 翔子 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『この星の肌の匂いや梅雨に入る』 作者: シゲ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ