俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

紫陽花に降る雨過去を流すよう

作者 堀籠美雪  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

私は不幸を愛していた。これからは幸せを愛さなければ。私は寂しがり屋なのかもしれない、違うのかもしれない、自分では何だかわからない。でもとにかく前を向いて幸せを探しに行こうと思う。なんやかんや言っても、言われても私はここが好きなのかもしれない。わからない。

最新の添削

「紫陽花に降る雨過去を流すよう」の批評

回答者 負乗

美雪さん、お帰りなさい😀

いい感じ。伝わって来ますね😉
歌謡曲で言えば、コメントはセリフ、句が本歌ですね…😄
良いと思います。
流石、魚座の女ですね😄

今後とも、宜しくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「紫陽花に降る雨過去を流すよう」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

お久しぶりです。

人間は復元力、それで良いんです。おのが心を客観視する。この厄介ものめがと。

俳句も同じです。

堂々と大手を降って。ここは誰のものでもありません
なにをかくそう小生も出もどりの一人です。

楽しく行きましょう。

よろしく。

点数: 1

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

ザクザクと音を楽しむ残雪よ

作者名 大沼裕之 回答数 : 5

投稿日時:

風鈴に呼ばれし猫を膝枕

作者名 孤島の大根 回答数 : 5

投稿日時:

やあと呼ぶ友深秋に逝きにけり

作者名 久田しげき 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『紫陽花に降る雨過去を流すよう』 作者: 堀籠美雪
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ