俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

とぶ鮎の多きなかより一匹越ゆ

作者 感じ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

某所(笑)没句です。
下、字余りになってしまいました。
鮎が、海から川を遡上して、途中の堰を越える景を詠みました。
原句。とぶ鮎の多きなかより一尾越ゆ
しかし、「一尾」は、焼いた魚を数えるそうです。
「ひとつ」も考えましたが、分かりにくいと思いやめました。宜しくお願いします。

最新の添削

「とぶ鮎の多きなかより一匹越ゆ」の批評

回答者 あらちゃん

感じ様こんにちは。
助詞の使い方、大変興味深く読ませていただきました。
作句した際は漁船にとまっているイメージでしたが、漁船の上で飛んでいるという景もまた風情がありますね。その発想はありませんでした。
貴重なご意見大変参考になりました。
またよろしくお願いいたします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、あらちゃんさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「とぶ鮎の多きなかより一匹越ゆ」の批評

回答者 あらちゃん

句の評価:
★★★★★

感じ様こんにちは。
コメントを拝見しましたが、一匹だけが越えたのですね?
そうでありますと、

鮎の群れ一匹堰を越ゆるなり

一匹の堰を越えたる香魚かな

などが浮かんだのですが、句意に沿わないでしょうか?
よろしくお願いいたします。

点数: 2

添削のお礼として、あらちゃんさんの俳句の感想を書いてください >>

「とぶ鮎の多きなかより一匹越ゆ」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

「多き中より」がなくても「一匹」で分かると思います。代わりに堰を入れて川の情景を映すのはいかがでしょうか。「とぶ」も説明だと思います。
"堰ありて一匹の鯉すいすいと

今後ともよろしく。

点数: 2

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

「とぶ鮎の多きなかより一匹越ゆ」の批評

回答者 竜子

句の評価:
★★★★★

感じ様 こんばんは
お世話になります。
ギュと四国「鮎」佳作おめでとうございます。綺麗な句ですね。
拙句の双子のコメントありがとうございます。
添削の上五に季語の方が良いですね。勉強になりました。
御句
とぶ鮎がやはりひっかりますね。
鮎のイメージを損なう感じがしました。
感想だけですみません
よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

「とぶ鮎の多きなかより一匹越ゆ」の批評

回答者 笙染

句の評価:
★★★★★

感じ様:
お世話様です。
‘一茶の散歩道’のコメント有難うございます。
提案句有難うございます。
      ・薫風や一茶と出会う散歩道
’風薫る’の季語は良く知っておりますが’薫風’と言う季語は初めてです。
‘風の香や‘よりも’薫風や‘の方が若葉や青葉の香りが吹き渡る濃いいイメージが感じられます。
季語の選びかたですね。勉強になりました。
宜しくお願い致します。

笙染

点数: 1

添削のお礼として、笙染さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

蜩や地球のまわる声のよう

作者名 こま爺 回答数 : 3

投稿日時:

門までをかためてよりに雪の朝

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

射干玉の月に明かして大晦日

作者名 游歩人 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『とぶ鮎の多きなかより一匹越ゆ』 作者: 感じ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ