俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

立ち読みの古書から切手春の風

作者 たけたけ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

この古書は予算オーバーで買えなかったので…正直に「立ち読み」と書きました。
季語はやっぱり他のどの季節も合わなくて「春の風」が似合うかなと思いましたが、いかがでしょうか…。
もっと良くなるかな?

最新の添削

「立ち読みの古書から切手春の風」の批評

回答者 鳥越暁

こんにちは。
仕事しながら揚句のことを少々考えていました。あ、自営ですから大丈夫ですよ(笑)。
やはり季語が動きますね。さて、どんな季語がよいか色々と考えました。
古書、切手から離れた季語の場合は、ニュアンスとか遠く連想させるものがよいのかな。例えば小さな古書店だとして「扇風機」とかどうでしょう。私の行く「古い古本屋」では「古い扇風機」が回っているので。個人的なイメージかもしれませんね。

次に、古書店の中の状況に対しての「外の景色・空気」を感じさせる季語はどうでしょう。この場合は湿った、薄暗い「中」との対比として、明るい、さわやかな季語がよいのでしょうね。揚句の「春の風」もそうかな。この場合は、たくさんありますから、実際の情景に近いのを選ばれた方がよいかと。

私が選んだのは「近い」と言われそうな季語です。
書と近い「歌留多」とか。でも、あまりに限定的過ぎる季語かな。

『古書店の開けば切手子規忌かな』
漢字多くなってしまいました。

勝手に考えて、気分を害されませんように

点数: 0

添削のお礼として、鳥越暁さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

傘雨の忌浜町河岸の相撲部屋

作者名 竜子 回答数 : 4

投稿日時:

給湯器四十六度の冬支度

作者名 卯筒 回答数 : 1

投稿日時:

夜長し暴走老人よ眠れ

作者名 北あかり 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『立ち読みの古書から切手春の風』 作者: たけたけ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ