俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

走り梅雨落つる雫のささやけり

作者 博充  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

葉から雫が静かに落ちていました。

最新の添削

「走り梅雨落つる雫のささやけり」の批評

回答者 竜子

博充様 おはようございます。
お世話になります。
拙句の黒き箸のコメントありがとうございます。
添削もありがとうございます。
ただ
父想うは詠み手の感想ですからあまりそれは詠まない方が良いと思います。
父がしばらくの間逗留していた時に使っていた箸がまだ残っていた。
その事実だけを詠んだ方が読み手はいろいろ想像すると思います。
捨てたのか?今度自分が使うのか?大事にしまっておくのか?
太い箸だろうか?漆塗りの箸かもしれない?
よろしくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「走り梅雨落つる雫のささやけり」の批評

回答者 感じ

句の評価:
★★★★★

こんにちは😃お世話になります。
私は、はっきり書いてしまうもので、、
①「走り梅雨」と、それ以外の基底部が近すぎます。
どちらも「水」です。
基底部の措辞を生かすなら、季語を変えた方がよいと思います。
花、とか。
②「ささやけり」と言う擬人化が生きていません。
また、「雫」が「ささやく」、とは詩がありそうですが、多少チグハグ感があります。
○擬人化を使う時は慎重に。
コメントにある「しづかなる」が良いかと。
③「雫」とは「落つる」もの。「落つる」は不要かと。
「ひかる雫」とかどうでしょうか。
・合歓の花ひかる雫のしづかなる
上から目線、失礼しました。
宜しくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、感じさんの俳句の感想を書いてください >>

「走り梅雨落つる雫のささやけり」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

雫なので落つるは重複してますね。カットすれば何か情景を加えることができます。
"走り露軒の雫のささやけり

よろしく。

点数: 1

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

「走り梅雨落つる雫のささやけり」の批評

回答者 竜子

句の評価:
★★★★★

博充様 こんにちは
お世話になります。
梅雨と雫は近いでしょうか?
季語を変えて
紫陽花やひかる雫のとどまらず
よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

酒蔵の船板塀や燕来る

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

ペガサスを借景にして夜を明かす

作者名 げばげば 回答数 : 13

投稿日時:

蝶々も色好みけり春景色

作者名 高橋九二三 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『走り梅雨落つる雫のささやけり』 作者: 博充
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ